上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑

神崎先生のセミナーを受けました。
「ケンブリッジ英検を軸にした英語学習法」セミナー。

神崎先生の英語学習経験とケンブリッジ英検から学んだこと、
ケンブリッジ英検のGood Point、英語学習への活かし方、などをうかがいました。

Toeicオタクだけど実はケンブリッジ英検オタクでもある、とおっしゃる神崎先生。
しかもしかも、
ケンブリッジ英検対策で学んだ英語が今の英語力の90パーセント、
とおっしゃってました。
・・・これってすごいことだ~。


ケンブリッジ英検の活かし方については以下のようなこと。

SWLRすべてのスキルを伸ばせる、
かつ、例えばRで学んだものをWですぐ活かせたり、
Lで学んだことをSで活かせたり。
それぞれの分野だけでなく相互作用していくお話。

英語学習において必要とされる練習4分類の中で
学校では1つしかやらない。(いわゆる“お勉強”。)
それ以外の3つの分野について、
具体的にどういう学習をすると効果的か。

英語環境を作るためにどういう学習がいいか。
Language focused learning をやりつつMeaning focused inputをするなど、
1つ1つ、でなく相乗効果で効率を上げていく学習環境についてのお話。

英語力があるからといってケンブリッジ英検で合格できるとは限らない。
大事なパターンや型といったものなど
ケンブリッジ英検対策として有効な勉強方法のお話。

相手がいないとなかなか難しいSWの勉強を
一人でやるときの効果的な方法のお話。  など。


それからサプライズ(?)で日向先生も登場。
日向先生ならではのTIPSもいただきました。
(話し言葉と書き言葉の違いで相手に与える印象が変わる話や
 同じことでも相手にオっ?と思わせる接続詞の使い方など)

帰りのエレベータで日向先生と2人なり、
声をかけてくださったのですが、
緊張のあまり何を話したか覚えてません(*_*;


神崎先生、日向先生のお話をうかがいながら、
こんなにすごい方々だけど、相当な努力をされてきているということ、
自分はその何分の一だろう、、、、と。
神崎先生はイギリスにいながら1日12時間くらい勉強されていた。
小さなころから英語圏にいたという日向先生もCPEに最初は落ちたという話。
日本にいながら一生懸命やっている“つもり”の私のレベルなんてどんなん?と思いました。




いただいた資料についてはセミナー中に殆ど触れませんでした。
セミナーの内容についてはノート4ページくらい書いてきたので、
資料を預かってきた方にはその辺も具体的にお話ししますね。
そうすることで私の復習にもなるので(^.^)
・・・ってことで機会を作りましょうネ♪




04/27|seminarコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

まりこ。

Author:まりこ。
現在使用している教材
 ・でる1000問
 ・やどかり模試
 ・模試特急
 ・単語特急
 

skills/qualifications
 ・英検準1級
 ・TOEIC990点
 ・観光英検1級
 ・通訳案内士(英語)
 ・国連英検B級
 ・TOEIC SW S150W190

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。