上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑

先日ある方と英語学習について話をしていました。
その方は子供に留学を勧めているのに子供は行きたがらない。

 けっして家計に余裕があるわけじゃないけど、
 例えば100万というお金を貯金するかこの子の教育に使うかという選択肢は
 何の迷いも無く後者を取る。
 今後どんな道に進むにしても英語は必要だし、やるなら早い方がいい。
 だけど何度言っても、やりたくない、行きたくないと言ってきかない。
と。

おそらくそれで、もし「じゃぁ行くよ」と留学したとしても、
・・・どうだろう。

子供の教育のために親ができることはできる限りしてあげたいという気持ちは
子供にとって本当にありがたい話だし素晴らしい親だと思うけれど、
けっきょく、自分の気持ち次第、・・・と言うよりは、
逆に環境が整っていない方が、学びたい気持ちが盛り上がるんではないか、
などと感じたりする。

山崎直子さんは子供の頃に勉強部屋が無かったそうですが、
私の身近なところでも、親に学費を頼れないという環境でめちゃ勉強してる人、
親がすべて環境を整えてあげていながら勉強していない人、、、います。

当たり前にあるとありがたみが分からないし、
与えられている幸せに気づきづらい、そういう状況で何かしても、
無い状態で求めようとするエネルギーにはかなわないんじゃないかな。
子のやる気を引き出すなら、親として「与えない」方がいいのではないかとか思ってしまったり。

 本人が行きたくないっていうなら、無理に行ってもお金の無駄じゃない? 
 そのお金で自分のアンチエージングにお金かけた方が、、、、 
と言いそうになってしまった私は、冷たいだろうか。
私が彼女と同じ立場なら、やはり自分のことにお金を使ったり貯金するよりも
やる気の無い子供にお金をかけたいと思うのかもしれないけど。

若いうちの方がいい、
それは分かるけど、
若いけどやる気が無いうち、よりは、年齢がいってからでもやる気がある、の方が
学べると思うよ。

若いうちにやっておけばよかった~~、、ってさんざん感じたけど^^;
でもいくつになったってやれるんだし。
やる気が無いなら放っておけば~???  って、やっぱり冷たいかな(+_+)




1ヶ月程前のニュース、ご存知の方も多いと思いますが。

夜間中学:91歳女性が卒業…戦災・震災乗り越え 神戸

 戦争の混乱などで教育を受けられなかった人らが通う神戸市須磨区の夜間中学「市立丸山中学西野分校」の卒業式が10日、同市長田区であり、91歳の平井シヅヱさんが3年間学んだ喜びをかみしめ、卒業証書を受け取った。

18歳で結婚、しかし夫は戦死。震災で自宅は全焼。
「今日のこの日を、新たに歩いていく日にしたい」。
平井さんは決意を新たにした。

 徳島県生まれ。母親は平井さんを産んですぐに亡くなった。
父方の祖母に育てられ、小学校を卒業後、神戸の親類に身を寄せた。
1937年に結婚したが、夫は5カ月後に出征。
翌年、阪神大水害に見舞われ、夫の戦死の公報も届いた。
 終戦後に再婚し、神戸の焼け野原で新生活を始めた。靴工場で働き1男3女を育てた。

 12歳から働きづめだった人生。あきらめたことも多かった。
唯一の趣味だった押し絵も阪神大震災(95年)で家が全焼、せっかくそろえた道具も灰となった。
家事に追われながら、日常に物足りなさを感じていた。
米寿を迎え、07年に定時制中学の生徒募集のポスターを目にした。

 「勉強がしたい」

 夜間中学に通う生活が始まった。
 水彩画、陶芸、分数の計算。初めてづくしの毎日だったが、新しいことに挑戦すると若返る自分を感じた。
在日コリアンや出稼ぎのベトナム人らクラスメートもたどたどしい日本語でやさしく話しかけてくれた。
「夜間中学が私の青春。失ったものを取り戻せた」と実感した。

 この日の卒業式。3年間、ともに学んだ同級生13人と笑顔で出席し、壇上で卒業証書を受け取った。
 「学生生活は3年間と短かったが、楽しかった。これからも学び続けたい」
 平井さんの誓いだ。

 毎日新聞より。


この記事からはいろんなことを感じたけど、
いくつになっても学べる、も然り。

88歳で初めて英語を学んだ彼女。(←他の新聞で英語に関しても記述がありました。)
苦労もしたろうし、英語の上達速度にもどかしくなったりもしただろう、、けど。
やらされている(というか教室にいるだけで授業を聞いてもない)高校生よりも
どれだけ楽しく英語の授業を受けたんだろう、って。

自分が「やりたい!」と思って学ぶと楽しいから。
子供が「やりたい!」って思ってから学ぶ方が、子供にとっても幸せな時間を過ごせるよ。きっと。

親なら失格な発言でしょうね(+_+)
早くに「やりたい!」って思ってくれるのがいちばんいいんですけどね~。




04/17|未分類コメント(16)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
僕としては素通りできない内容だったので、コメントします。どんな視点から語るのか大事ですが、僕の立場からと、親の立場から。(子供いないので、想像にすぎませんが 笑)。僕も間違いなく、後者を選びます。親になったとしたらより強くそう思うと思います。自分のことに使うより、色んな選択肢を用意してあげたいと思います。自分のことは後回しにしてでも。何歳からでも出来るのは確かで、本人のやる気が大切、それも正しいと思います。でも若いうちにしかできないこともあると思います。年をとって人目が気になりだしたら、英語の発音を人前でするのが恥ずかしかったり。それに留学で得られること、それは英語学習以上に意味があると思います。現地で一人で生活している高校生の日本人に会いました。やっぱり良い意味でしっかりして頑張って生活していましたよ。僕自身向こうで得られた価値観はすごく大切に思いますし、普段気が付かない自分にもいろいろ出会えました。

そのお子さんが ”今”必要がないと判断しても何年後か先のその子が同じ判断をするかは分かりません。その子がやっぱり必要なかったと判断しても、それはやったからこそ必要ないと判断できたわけで、それはそれで良いんじゃないかなというのが僕の意見です。それにお金をかけること(今回は留学)そのものは無駄にはならないと思います。迷う余地すらなくいろいろやらせたいと、僕は思います。そのうえで、ある程度の年齢になった時に本人に何をこの先続けて行くか判断して欲しいと思います。やっぱりやってみなければ嫌いということさえ判断できないと思いますから。仮に子供が英語がめちゃめちゃ英語ができる子に育ったとして、そのうえでピアノが弾けたりバレエの経験があったりしたら、それはより良いと思います。まぁ僕はいろいろやらせてもらえなかったから、逆にいろいろやらせてあげたいと強く思うのかもしれません。絶対強制はできないですが、バランスは難しい問題ですね。長くなってしまいましたが、少しでも理解してもらえると嬉しいです。
From: syunn * 2010/04/17 22:33 * URL * [Edit] *  top↑
興味深い記事ですね^^
まりこ。さん、こんばんは!

今回の記事、興味深いですね。僕自身は、まりこ。さんと似たような感覚を持っています。自分が親で、今回の例を前提としたとして、(色んな理由があって)「行かせたい」と思っているのなら「行きたい」と思わせるまで作戦を練りますかね(笑)・・・で、それでも「行きたくない」だったら、それは親としての作戦失敗とします(笑)

確かに若いうちに(行って失敗しても挽回できる可能性の点では)行くのはいいことでしょうし、文化やその土地の空気って、どうしてもその場で体感しないとわからないでしょう。言語を学びに行くなんて感覚で留学して狙いどおりいく人って、どれくらいの比率なんだろう?なんて感覚の自分ですが、向こうの空気を知るという点では、今でも留学したいという思いは強いです。


・・・でも、それは自分が英語に対して願望が強いからそう思うだけであって、今回の例のように当人が「行きたくない」なんて行ってる状態で無理に行かせる内容のものか?なんて思います。親として無理にでも理解させる箇所って、どこかで何かあると思うのですが、それに留学が当てはまることなのかどうか、自分には不明です^^;


しかし・・・やっぱり親って習い事とか色々させたくなるんですかね?親自身が、自分の可能性に蓋を閉めちゃってるんですかね?そりゃ色々やれた方が将来の選択肢の幅も広がりますけど・・・。(肉体的な限界のある)スポーツなどならともかく、英語って別に年とってもできます・・・よね?よね?(笑)(この辺りは同世代として、絶対に同意してくださいませ 笑)


親が夫婦揃って楽しく英語勉強してる姿見せた方がよっぽど子供も興味持つような気がするけど・・・なんて思う自分も、親失格かな(笑)絶対日本語字幕でなんか、観ませんよ、自分は子供できても(笑)


もう一つ蛇足、今回の例とは違いますが、よく「英語ぐらいできるようにさせたい」の「ぐらい」・・・物凄くおかしいですよね(笑)
From: Wood * 2010/04/17 23:31 * URL * [Edit] *  top↑
◇syunnくん
こんにちは^^ 
気持ちの詰まったコメントをありがとうございます。
この記事を書きながら、syunnくんのことも思い浮かんでいました。
こうしてコメントをいただけて嬉しいです。

記事にも書きましたが、きっと私も親になったら彼女と同じなんだろうな、と思います。
あぁ本人がやる気になってくれたら、、とイライラしつつも、やらせるんだろうな、って。
実は私は高校生の時に、交換留学生としての派遣が決まっていた時に、
試験も面接も終わりあとは行くだけ、という時に、家庭の事情で行くことができませんでした。(金銭的なことではなく。ここで説明するのは難しいですが、家を出ることができませんでした。)中学生の頃は英語が大好きで、英語を使える仕事をしたいなぁと憧れがあったので、けっこう凹みました^_^; その状況は大学時代も同じだったのですが、当時、「留学する」=「学生のうちに。」とか、「英語を学ぶ」=「やっぱり海外じゃなきゃ」と思い込んでいたので、留学を許してもらえない環境に、夜もけっこう泣いたし(笑)、社会人になると同時に、英語はもう無理だなぁ、ってあきらめて、でもそのあとも「あの時に留学させてもらえてたら、今頃は違ったろうになぁ、、」って何度も思いました。
いろいろな出会いのおかげで、今では『日本にいても英語の上達はできる』『いくつになったって頑張れる』とわかり、何とかそこを目指してやってますが、それでも時々は、「あぁ、あの時にもし、、」って思ってしまうことがあります。
だから、この記事の子のように、親が行っていいと言ってくれてしかもお金まで出してくれて、それで「行きたくない」なんて、もう、羨ましすぎてしょうがないんですよね。。。
どれだけ自分が恵まれてるのか分かってるのかなぁ、、って。
結局、私は羨ましいっていう気持ちが強くて、だから「留学したくてもできない人がいっぱいいるのに。行きたくないなら行かなくていいっっ!」ってなっちゃうのかもしれないですね^^;

若い頃、というか、もっと小さな頃にはいろいろやらせてあげたいと思います。これは間違いなく。
先日の記事にも書いたように、人の知能や楽しいと思うことは違うから、
スポーツでも文化系でも、経験をして、その中でその子が「楽しい」「やりたい」と思うものを続けさえてあげたい。その選択肢を増やしてあげたいなぁとは思います。
私もsyunnくんと同じように、そういうのがあまりできなかったから。
(おかげでこんなおばさんになってから、自分に何が向いてるのかなぁと思っていろいろやってます(^_^;) 
本当にバランスとか難しいですよね。親の心子知らず。そして子の心も親に届かずね。

ところで先日はちょっとのところでお会いできず、本当に残念でした(+_+)
ぜひ、いまのsyunnくんに会ってお話をうかがいたいです。
また機会があることを願ってます^^
From: まりこ。 * 2010/04/17 23:47 * URL * [Edit] *  top↑
◇Woodさん

こんにちは。コメントありがとうございます^^

なるほど、親の作戦、ですか!
たしかにそうですね、持って行き方、とか大事かもしれません。
なんでもそうですが、ダメと言われるとやりたくなったり、言わないと言われると聞きたくなったり、ってとこありますから、
「やりなさい!」でなく、「やりたいなぁ」って思わせる方法を探る、というのが大事ですよね。
まぁ、子供の性格とかにもよるし、その辺は親の腕の見せ所、でしょうか(笑)

やりたくないものをやらせても、例えば行きたくなかった留学から帰ってきて「お母さん、行ってよかったよ。ありがとう」なんて言われたら、
あぁ無理にでも行かせてよかった、って思うでしょうし、
それが帰ってきた直後じゃなくて数年後とかに「あの時に行かせてもらって良かった」っていうんでも、やっぱり親として役目を果たせたなぁ、って思うんだと思います。
でもそうやって、その時は「行きたくないのに行かされて、、」なんて子供に半分恨まれながらもお金をかけてやらせるなんて、
やっぱできた親ですよね。。。


> (肉体的な限界のある)スポーツなどならともかく、英語って別に年とってもできます・・・よね?よね?(笑)(この辺りは同世代として、絶対に同意してくださいませ 笑)

当然です!!(笑)
そうじゃなきゃ困ります、そう言い聞かせて頑張ってますので^^;
肉体的な限界のあるスポーツもそんな感じでめげずに、・・・いや、めげながらも、やってますし(+_+)。

> 「英語ぐらいできるようにさせたい」の「ぐらい」・・・物凄くおかしいですよね(笑)

はい。でも、分かります。。
でもその「英語ぐらい」に苦労してます。
がんばりましょ。この歳からでも。
From: まりこ。 * 2010/04/18 00:00 * URL * [Edit] *  top↑
再びおじゃましますね。高校の部活動で、めちゃくちゃ厳しくてそのせいで嫌われてる監督がいました。言葉づかいと制服の着方にうるさかったです。学ランの第一ボタンも締めろって言われるんですね、締めてなかったら罰がときにはあったりもして。その監督が僕らが卒業するときにこう言っていました。「俺は別にお前らに好かれようと思って監督やってるわけじゃないから。お前らにとって良かれと思ったことをしてるんだ。それは嫌われたとしても別にそれでいい。お前らが卒業してそのあとに困らないようにいろいろうるさく言ってるんだ。」って。卒業したときも良い先生だと思いましたけど、今思い出してもそうですね。うるさく言われてた当時はよく理解出来てなかったけど、何年か経って分かるもんですね。単なる押しつけだと思っていましたけど、そこには愛情があったからそれで良いと思います。親子関係でも同じで親の愛情があれば、時間が経ったときに理解してくれるはずですよ、というかそう信じたい。早い遅いは関係ない。親がいつか子供は理解してくれると信じて、ブレずに支えてあげれば必ず意味のあるものになるはずです。

>やる気が無いなら放っておけば~???  って、やっぱり冷たいかな(+_+)
まりこさんにそんな過去があったなんて知りませんでした。それゆえの言葉なのかもしれませんね。

僕も親がいろいろしてくれる人たちに嫉妬とか羨ましいという気持ちはかなり強く持ちます。留学中に周りの友達は、親が毎月生活費送ってくれて、心配して様子を見に来て、そして荷物を送ってくれる。そういう様子を見て、何も見てない、感じてない振りしてましたけど、やっぱり自分の状況が悲しいし、悔しい。周りにはふざけて、うちの親なんもしてくれへんねん。みたいなことは言ってましたけど、周りに言ってたというより、自分自身に言ってたのかもしれないですね。でもないものねだりしても現実は変わらないから、親が手伝ってくれるだけで叶うぐらい小さな夢は全部自分で叶えてやる。って、生きてこうと思ったときに決めたんです。周りが羨ましいくなるときはありますけど、自分は自分なんだって。
ちょっと話がそれて来てしまいました。笑

>当時、「留学する」=「学生のうちに。」とか、「英語を学ぶ」=「やっぱり海外じゃなきゃ」と思い込んでいたので
僕もそう思っていました。でも行ったからこそ、日本でも出来るし、やらなきゃって思いました。行かなかったらいつまでも分からなかったし、ずっとそれを言い訳に努力することをしない可能性は高かった気がします。ただTOEICで満点を目指してるわけではないし、話をしてるときにはミスは気にしないようにしています。勉強してるときは間違えないように気を付けていますけどね。意識して気持ちを切り替えています。やっぱ使って楽しいと思えてこその英語で、コミュニケーションのツールなので。

また会えますよ。僕らは同じ方向に歩いて行ってると思いますので 笑

なんというか、普段の自分の記事よりこのコメントのが長い気がするんですけど LOL
From: syunn * 2010/04/18 07:05 * URL * [Edit] *  top↑
私の親は私たち子供がやりたいといえばお金を出してくれますが親から勧めることは中学生くらいまででした。
それ以降は私たちの気持ちが1番でしたね。
国立大の医学部に落ちて浪人しようかと思った時、私が大学からアメリカに行きたいかも?って思った時、私大を第1希望にしようかと思った時・・・最後はやりたいようにしたらいいって言われてました。そのためのお金は惜しまないから・・・って(さすがに私立の医学部は無理やで~って言われてましたけどね)。
結局日本の国立大を選びましたが、自分で選んだからこそ、途中で逃げ出すことはできないって思ってます。辞めたいって思う時も結構ありますが(笑)、4年間、成績優秀でできちんと卒業することが親への恩返しですよね。
(ちなみに弟は私立大の理系学部に行ってますが本人が行きたい所なら・・・って親も行かせてます)

お金よりも大切なのは本人のやる気ですよね~!!

私も最後は本当にやりたいことを選んで誰にも言い訳をしない選択がしたいと思ってます。
私が毎日楽しく生活していることがお金をかけてくれる親への恩返しですしね~!!
From: kibou * 2010/04/18 11:05 * URL * [Edit] *  top↑
◇syunnくん

こんにちは。コメントありがとうございます。
小さい頃から、親は注意をするときに「かわいいと思ってなかったら言わないよ。良い子になってほしいと思うから言うんだよ」って言ってましたが、当時はそれを頭で理解していてもやっぱり素直に聞けていなかったところがあります。大人になって親の気持ちがよく分かります。たしかにどうでもいいと思えばとりあえず好かれるようなことだけ言ってかわいがっていればいい話で、わが子がかわいいから怒る、注意する。
でもすごいですね、その監督。好かれようと思ってるんじゃない、良かれと思ったことをしている、なんて、言ってみれば他人なのにそこまで愛情を注いでくれる人が高校時代に身近にいたなんてとても幸せなことですね。でもその時は、鬱陶しく感じてしまいますよね、とくに思春期に。・・・それでもそういう姿勢を貫くなんて、本当にすごい監督だと思います。。

> でもないものねだりしても現実は変わらないから、親が手伝ってくれるだけで叶うぐらい小さな夢は全部自分で叶えてやる

私がsyunnくんの年齢の時には、ラクをすることばかり考えていた気がします。なにかできないことも言い訳ばかり考えたり。。 もうすでにそういうシッカリとした考えで前に進んでいる姿、素晴らしいです。小さな頃からの苦労してきた話を聞いたりして、私だったらどうなっているだろう、って想像したことがありますが、とてもじゃないけれどsyunnくんのように頑張れていない。きっといろんなことを「○○のせい」って言い訳して、だから私はできない、って逃げていたと思います。さらに、お母様へのプレゼントの話とかね、もう泣けてきます、本当に親孝行ですよね。syunnくんを変えたというお友達との出会いも、syunnくんが引き寄せたんだと思います。今の姿、お母様は喜んでいらっしゃるでしょうね。
私は、つい最近ですよ。自分は自分、そう思えるようになったのも、意識して「生きてこう」と思ったのも最近、やっとこの歳になって、毎日を大事に大切に過ごせるようになりました。それまでは、毎日「なんとなく」だった気がします。

> 行ったからこそ、日本でも出来るし、やらなきゃって思いました。

行ってない人は「行かなきゃうまくならない」って思いがちですが、それも言い訳だっていうこと、行くときづくんでしょうね。私も「留学しないで達人」な方々にお会いしなかったらずっとそう思い込んでいたと思います。
syunnくん、行ってよかったですね^^この1年間で学んだこと、英語以外にもたくさんありますね。
英語の学習、という意味では、留学しなくても努力できる!って思いますが、それ以外のことも含めたたくさんの学び、出会い、経験、という意味では、やっぱり留学うらやましいです(笑)

>やっぱ使って楽しいと思えてこその英語で、コミュニケーションのツールなので。

はい、私も「楽しい」が大前提です。
ラク、じゃなくてね。 努力も苦労も楽しみながら。 

> なんというか、普段の自分の記事よりこのコメントのが長い気がするんですけど LOL

ありがとうございます^^
昨日はsyunnくんから「これから記事の更新頻度が上がりそうな予感」を感じました。
どうでしょうか??
最近は忙しいようですが、新しい出会いも多そうですね。
英語のみならず、楽しんでください^^
From: まりこ。 * 2010/04/21 20:23 * URL * [Edit] *  top↑
◇kibouさん

こんにちは。コメントありがとうございます。
kibouさん、なんとまぁ、すばらしい環境ですね!
そしてそのことをkibouさんがちゃんと理解している、っていうのがまたすばらしい。。。
いままで出会ってきた人で、リアルに
[恵まれた環境]と[子にやる気がある]の組み合わというのは殆どありませんでしたが、
kibouさんのところはそうでしたね!
ある程度は「いまは気づかなくてもそのうち気がついてくれれば」という親が多いと思います、
kibouさんのご両親は、やる気のある子供をもって幸せだ~。。
そしてkibouさんも幸せですね^^

> 自分で選んだからこそ、途中で逃げ出すことはできないって思ってます。

うーん、えらい。。
私は若い頃には逃げてばっかりだったから、逃げグセがついちゃって、、
いま逃げないようにするのが大変ですよ^^;

>4年間、成績優秀でできちんと卒業することが親への恩返しですよね。

えらすぎる。。。。。
大学時代にこう思えていたら、、、。
今現在の私のテンションで大学生だったら成績はともかく出席率とかめちゃ良かったと思うけど、
当時はなんで、あんな風にラクすることばっかり考えてたんだろう。
kibouさんのような大学生もいるのね。

> 私が毎日楽しく生活していることがお金をかけてくれる親への恩返しですしね~!!

これも、いまはそう思って生きてますが、
心からそう思えるようになったのはここ2~3年かもしれないです。
kibouさん、その若さでなんでそこまで???

kibouさんくらいの年齢でそんな風な考えを持って生きていられたら、ずいぶんまた違ったろうな~~^^;
 
From: まりこ。 * 2010/04/21 20:43 * URL * [Edit] *  top↑
ジ○ス倒産ですね・・・
実習が落ち着いた後またどこかでやりたいなって思ってたのでびっくりです><


・・・私も結構ぐうたらです~
勉強しやなっていう気持ちはあっても動けないこともいっぱいです。
とりあえず今は成績を全部1番上(私の大学では優です)をとり続けることが目標ですね~
2回後期が初めて全部優でした。

1回生のときの成績が悪すぎて首席には程遠いですが、今はとりあえず目の前の勉強だけをしようかなって思ってます。

あとは・・・国Ⅱに挑戦するかを迷い本屋で本をパラパラみてます。
GWには親にも会うので話してみようかとは思ってますが・・・
国Ⅱを選ぶか専門職を希望して再入学するか・・・
私の適性を優先するかやりたいことを優先するか難しいですね><

お金もかかる問題なので親の援助も必要ですし。

学生の今だからできること・・・
と考えつつ、最近は飲み会にも結構いってます(笑)

これは社会人でもできますよね~笑
From: kibou * 2010/04/21 23:57 * URL * [Edit] *  top↑
◇kibouさん

倒産ですね~
でもNOVAの前例があるからか、比較的先が見えてる感じですね。
ちょっとジーコムが心配ですが。

> ・・・私も結構ぐうたらです~

ぐうたら~??そうは思えません!
kibouさんの
「茨の道でもやり遂げる自信がある!」ってコトバ。
なかなか言えないですよ。
いっつも、「すごいなぁ、すごいなぁ、」って感心してます。

> とりあえず今は成績を全部1番上(私の大学では優です)をとり続けることが目標ですね~
> 2回後期が初めて全部優でした。

じゃぁ残りも全部優で!
・・私がそんな大学生だったら、親は泣いて喜んだでしょうね^^;
学校には授業を受けに行くというよりもクラブ活動をしに行ってるって状態だったし。。

> あとは・・・国Ⅱに挑戦するかを迷い本屋で本をパラパラみてます。
> GWには親にも会うので話してみようかとは思ってますが・・・
> 国Ⅱを選ぶか専門職を希望して再入学するか・・・
> 私の適性を優先するかやりたいことを優先するか難しいですね><

そうですねぇ、いろいろと悩ましいですね。
やりたいこと、向いてること、自分で思うこととと周りが思うこととかね。
お父様、なんておっしゃるかしら。
GW、しっかり話してきてくださいね。
金銭面でお世話になるならなおさら、意志ややる気を理解してもらって、
安心して援助してもらえるように^^

社会人でも飲みに行けるけど、
誰との飲み、っていうのも重要ですよ^^
今しか飲みに行けないってことはなくても、
その人たちとは今のうちしか飲みにいけないかもしれないし。
社会人になったらまた違う飲みが待ってますよ^^;

ところでこれ↓
http://www.towatech.net/productdetail/10007346.html
こんな感じかな。
でももしも自分の部屋にコレがあったら私はちょっと・・・・(*_*;

From: まりこ。 * 2010/04/22 22:36 * URL * [Edit] *  top↑
骨ですよね!
あれは紙なんですよ(笑)

本屋でも売ってるみたいです(笑)
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%BC-%E4%BA%BA%E4%BD%93%E9%AA%A8%E6%A0%BC%E6%A8%A1%E5%9E%8B-%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF-%E4%BA%95%E4%B8%8A-%E8%B2%B4%E5%A4%AE/dp/4890135987/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1271944028&sr=8-2


グループで1つなうえ、不器用な人が作ってるのですでに壊れそうですw


企業就活は辞めたい気分です。
親は院を推してるので何も言わないと思います~

公務員のWスクール、最初は高いなって思いましたが就活をしたら数十万なんか軽くかかるのでそんなものか?って感じです><

というか地方上級で実家戻るって言えば逆に喜びそうですね(笑)


専門学校も捨てがたいので迷います~
From: kibou * 2010/04/22 22:50 * URL * [Edit] *  top↑
◇kibouさん

> 骨ですよね!

はい。あのリンク先の商品は卓上サイズ(?)みたいです。
おひとついかが??

> あれは紙なんですよ(笑)
>
> 本屋でも売ってるみたいです(笑)

そうなんだ、、、、、やっぱり買う人もいるのかしら。。。
持ち運びに便利、って(*_*;

> 企業就活は辞めたい気分です。
> 親は院を推してるので何も言わないと思います~

ぜんぜんやらないで、っていうのでなく
今ちゃんとやってて、それで辞めるならいいんじゃないかな。
kibouさん、しっかり考えてるし。

> 公務員のWスクール、最初は高いなって思いましたが就活をしたら数十万なんか軽くかかるのでそんなものか?って感じです><
> というか地方上級で実家戻るって言えば逆に喜びそうですね(笑)
> 専門学校も捨てがたいので迷います~

やりたいと思える研究もあるんですよね?
その時その時に一生懸命考えれば、あとで後悔ってしないと思いますよ^^
例えば試験に年齢制限があったりするものもあるけど、
そうじゃなければいくつになってもやり直しきくと思うし。
From: まりこ。 * 2010/04/22 23:25 * URL * [Edit] *  top↑
紹介してもらったのみたんですが売り切れみたいで・・・
今部屋のオブジェに探してます(笑)

っていうのは冗談でテスト用に覚えるために使いたいんですよね~

紙のは相当器用な人でないときれいにはできなさそうです><
私は結構ひどい多汗症なので(常にタオルが手放せません><)すぐ紙がびよびよになりあんまり手を出しませんでした><


やりたい研究がありますけどそれやって将来どうするの?って考えたりもするんですよね><


とりあえず、多汗症がひどいので銀行とかは無理ですし、企業だとホントに一般職になっちゃうのでたぶんやらないと思います><
From: kibou * 2010/04/23 00:40 * URL * [Edit] *  top↑
◇kibouさん

なるほど、テスト用でしたか^^;
てっきり部屋のオブジェに探してるのかと(笑)

紙のはナカナカ難しそうですね、
しかもグループ作業となるとね(*_*

> やりたい研究がありますけどそれやって将来どうするの?って考えたりもするんですよね

うーーん、
企業よりもはるかに公務員の方がいいと思ってて、
でも公務員ってなるとまた考えちゃうんですよね?

このまま院に行っても何か気持ち的に残っちゃいそうだし。
本当にいましっかり考えないとね。

見たところ、Wスクールも費用はたしかに即決できないと思うけど
私立大に行ってる思いをすれば、、、ね。
それに今のkibouさんだったら、ちゃんと成果を出すんじゃないかと思いますよ。
kibouさんと交流させていただいて1年くらいですが、
以前と比べるとさらにパワーを感じます^^
From: まりこ。 * 2010/04/23 03:49 * URL * [Edit] *  top↑
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
From:  * 2010/04/23 20:43 *  * [Edit] *  top↑
私の大学時代の友人は、普通に4年制大学を出た後に
医学部に行きなおして、それから医者になりました。
私が最初に就職したところの私の同期は、しばらく勤めた後に
会社をやめて看護学校に行きなおし、30過ぎてから看護婦に。

なにか心にひっかかっていて、紛らわしながら進んでいても
結局、やっぱりやろう、という人はいます。

逆に、思っていたのとは違う道に行き、そこで天職だと気づく人もいますし、
或いは、資格あるなしに関わらず、その分野でできる限りのことをやるという人も。

決めるのは自分ですからね。
やっぱりやっておけばよかった、と思うかもしれないし、
違う道にいって「良かった」と思う可能性だってあります。

1度きりの人生ですからね。後悔のないように。
From: まりこ。 * 2010/04/24 22:39 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

まりこ。

Author:まりこ。
現在使用している教材
 ・でる1000問
 ・やどかり模試
 ・模試特急
 ・単語特急
 

skills/qualifications
 ・英検準1級
 ・TOEIC990点
 ・観光英検1級
 ・通訳案内士(英語)
 ・国連英検B級
 ・TOEIC SW S150W190

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。