上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
大西泰斗のイメージ英文法 問題集(CD BOOK)大西泰斗のイメージ英文法 問題集(CD BOOK)
(2010/03/09)
大西泰斗ポール・クリス・マクベイ

商品詳細を見る


この本の購入者特典セミナーへ参加しました。

本屋さん開催なので、(こちらとしては受身の)トークショーとサイン会、
なのかなぁ、と想像していましたが、違いました。
会場の、別館コミュニティカレッジの一室へ行くと、
両面印刷×3枚のレジュメが用意されていて、
熱い講義は1時間以上。(もちろん我々もいっぱい声を出しました)
その後のサイン会も、先生はその日のうちに名古屋へ戻られるのに、
とても丁寧に接してくださいました。

「イメージ英文法」のセミナーということで、
イメージ、言葉の持つ手触り肌触り、言葉に表せない感触、
そういったものを感じるためのお話がメイン。
言葉に表せない感触、というだけあって、本だけでは(活字だけでは)説明しきれない部分というのがあると思うので、
じかに、先生からお話をうかがう機会をいただけてよかったです。
この問題集をほぼ1周やったところでの参加でしたが、
このセミナーを受けて、
あぁ次の1周は、もっと感じることができそう、って気がしました。

講義の前半で発音の練習をやったのですが、
同じ発音でも、その切り口が先日の発音セミナーと全く違って、
「うーん、両方ひつようなんだな、、」と。。。
つまり、言葉は、単語だけで発するものでもないし、
正しくばかり発音するものでもない、ということです。
基礎として辞書のとおり発音記号のとおりに練習する必要があると思いますが、
その「ʌ」がいつ「ə」になるのか、いつそれが消えるのか、、、
そういった感覚というのは、感覚、で身につくものなんでしょうね。
私たちだって、『菊池君』のことを正しく呼んでないってことに全く気付かないくらい、
そこに理論なんてないんですから。

バイエル講習会には昨年も2度参加しましたが、
先生が「自分の講習会だとココまでのハナシできないから」とおっしゃっていたように、
いつもとはまた少し違ったお話も伺えました。

先生の大事な大事な○○を犠牲にして、まさに身を削ってまでして
出来上がったこのシリーズをしっかり使って、イメージを叩き込みたいと思います。






03/27|seminarコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

まりこ。

Author:まりこ。
現在使用している教材
 ・でる1000問
 ・やどかり模試
 ・模試特急
 ・単語特急
 

skills/qualifications
 ・英検準1級
 ・TOEIC990点
 ・観光英検1級
 ・通訳案内士(英語)
 ・国連英検B級
 ・TOEIC SW S150W190

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。