上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑

三羽さんから、「仮定法ならこれが分かりやすいですよ!」と
教えていただいた↓コレを読みました。

痛快!コミュニケーション英語学痛快!コミュニケーション英語学
(2002/02)
マーク ピーターセン

商品詳細を見る


この本、以前見かけたことがありましたが、
文法について書かれている本だと言うことは
三羽さんに紹介していただくまで知りませんでした。

ネィティブが書いているだけあって、
切り口がぜんぜん違っておもしろいです。

今まで勉強した中ではあまり出会わなかった用法、
だけどフレンズとか見てると、よく使われているような。
そういう、私が潜在的に“知りたい”と思っていたこと(?)についての
記載がいろいろとあり、うれしかった^^

例えば、“would” とか、
あるいは、一般論的に用いる“you”とか。

特に“would”については、とても興味深く読みました。
(仮定法の章の中でも“would”に関してはかなり多く割かれていました。
 そういう所も、普通の英文法の本とは違いますよね!)

would って、学校では、
willの過去形、あるいは“Would you~?”
として習ったくらいの記憶しかないのですが、
海外ドラマみてると、とにかくよく would を使ってる。
これがどういうことなのかわからなくて。
もちろん、自分がそんな風に使うこともできないし。

でも、この本を読んで、
ニュアンスを伝えるのに、すごーーく大切な気がしてきました。
wouldをうまく使えるか使えないか。
英語でコミュニケーションを取りたいなら、
とても大事なポイントのような気がします。



11/04|未分類コメント(6)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
痛快!コミュニケーション英語学
付録のCDは聞きましたか? なまりがあったほうが”素敵”ってピーターセンも言っていた気がした。 日本語なまりの英語でいいじゃないか。ほんとそう思いますよ。

あとこの本で印象に残っているのは、よくスローガンを英語で書いたりするけど、ネイティブが見たら「はぁ?」みたいな英語になっている例で
No more Hiroshima
や No more gun
というやつ。外国の実際の横断幕の写真も載せてあってそれには
No more Hiroshimas
って複数形で書いてあった。ここ単数だとネイティブは違和感ありまくりみたいに書いてあった記憶があります。
From: 三羽四郎二郎 * 2009/11/07 03:15 * URL * [Edit] *  top↑
◇三羽四郎二郎さん

こんにちは
コメントありがとうございます。
いい本をご紹介くださりありがとうございました^^

> 付録のCDは聞きましたか?

はい、聴きました(~o~)
たくさんの語彙と、ほんの少しのなまり、
そのくらいが「あこがれ」ということでしたネ^^
まず最初に
・・語彙かぁ。。。って、語彙を何とかしなきゃなぁ、、、って思いました(>_<)
発音については、彼の説明を聞いていると、
なまりがあっていい、と言いつつも、
彼が基準とするなまりの度合いはかなり“少し”を期待している気がします。
「ピーターセン」を5音で発音する日本英語についてのシラブル的なことにも言及していましたし、
「vanilla」と日本人が言う「バニラ」は
「各地」と「学費」くらい違って聞こえる、という記載があったように、
抑えるべきポイントをちゃんと抑えないと
相手が疲れてしまったり、通じない、ということになるんだと思います。
例えばパックンの日本語は聞いていてストレスを感じないけど、
アグネスの日本語は語彙は多くても聞いていてちょっと疲れますよね、、。
パックンは日本語の時も発声が外国人だけど
ジェロは日本語を話す時(演歌を歌う時も)発声が完全に“日本人”の喉で、
あそこまでいけなくてもいいのかなと思います^^;
ネイティブじゃないのは分かる、けど言っていることもちゃんと分かる、聞いてて苦痛じゃない、
・・ぐらいのレベルになりたいですねぇ。。。
カツマさんの英語をネイティブが苦痛のあまり聞くのやめた、みたいなことを、
三羽さんどこかで書いてらっしゃいましたよね。
言いたいことがたくさん言える、それはとても素敵な憧れだけれど、
コミュニケーションって相手がいることだから、
できるだけ、相手を疲れさせない、理解しやすいような話し方ができる方が嬉しいなぁって思います。
ってなると、「国産ネイティブ」(=三羽さん)は、ベストかなと思いますヨ♪


> あとこの本で印象に残っているのは、よくスローガンを英語で書いたりするけど、ネイティブが見たら「はぁ?」みたいな英語になっている例で
> No more Hiroshima
> や No more gun
> というやつ。外国の実際の横断幕の写真も載せてあってそれには
> No more Hiroshimas
> って複数形で書いてあった。ここ単数だとネイティブは違和感ありまくりみたいに書いてあった記憶があります。

ありました、
そして、ちゃんと、なんでそれがダメなのかという理由が
書かれていて、なるほどなるほど、と読みました。
ネイティブだからこそ、ということがたくさん書いてあって、
本当におもしろかったです。
あ、『You only live once.』についても書いてありましたね^^
(私もおもいっきり「Life」から書き始めました・・笑)


From: まりこ。 * 2009/11/07 10:10 * URL * [Edit] *  top↑
> あ、『You only live once.』についても書いてありましたね^^

それは Out of memory (^^;

拙者が読んだのは4~5年前なので、今読み返してみると新たな発見がありそうですね。
大きい本だからすぐ見つかりそうだけどなー。
探検してみます。

> そして、ちゃんと、なんでそれがダメなのかという理由が
> 書かれていて、なるほどなるほど、と読みました。

なぜ複数形かって理由。当時分からなかったんですよ。今なら分かるかなー。

> 彼が基準とするなまりの度合いはかなり“少し”を期待している気がします。

カタカナ英語じゃダメでしょうけど、ストレスなく通じる程度でオッケーと言ってくれているので気が楽ですよね。
From: 三羽四郎二郎 * 2009/11/07 12:44 * URL * [Edit] *  top↑
ほうほう
ふーむ
まりこ。さんもガッツリ学習されていますね。
クリスマス会かねて
文法学習報告会ケーキ付き
是非やりましょうよ。
例のタルトで!!
私もがんばります。
From: えみえもん * 2009/11/08 00:51 * URL * [Edit] *  top↑
◇三羽四郎二郎さん

こんにちは。

> それは Out of memory (^^;

4~5年前に読んだのでは、仕方ないです。
でもちゃんと千田セミナーで記憶に残ったのだからOKです^^

> 今読み返してみると新たな発見がありそうですね。

はい、きっとそうだと思いますよ!
忘れていることもあるし、
自分たちも変わっていくから、気付きの種類も変わりますよね。
私も、この本をまたしばらくしたら読んでみようと思っています♪

> ストレスなく通じる程度で

ネイティブがストレスに感じる程度、って、なかなか分かりづらいですよね、
NOVAに、中国人の方で英語を勉強されている方とか、いらっしゃいますが、
同じようなレベルの英語学習者の英語でも、
圧倒的に、日本人の英語の方が聞きやすいのは、クセが似ているんだろうなぁと思います。
私たちが「聞きづらい」と思う英語がもしかしたらネイティブには聞きやすいのかもしれないし。
その辺の度合いも、やっぱりネイティブの意見の方が参考になると思います。
・・・ってことで、がんばってこの本を探してくださいね~(~o~)

From: まりこ。 * 2009/11/08 11:23 * URL * [Edit] *  top↑
◇えみえもんさん

こんにちは。
コメントありがとうございます^^

> まりこ。さんもガッツリ学習されていますね。

『はい!』 
・・と元気よく言いたいところですが、
ここ5日間ほどは、ほとんど勉強できておりません^_^;
いかんですよね~。。

えみさん、がんばっていらっしゃいますね^^
私も先日Morite2セミナーに参加しましたが、
とてもじゃないけど説明をできるほど自分のものにできてないです(>_<)

スィーツ付きお勉強会、良いですね(*^_^*)
クリスマス仕様の美味しそうなスィーツが増えてきて、ワクワクしますe-239
From: まりこ。 * 2009/11/08 11:29 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

まりこ。

Author:まりこ。
現在使用している教材
 ・でる1000問
 ・やどかり模試
 ・模試特急
 ・単語特急
 

skills/qualifications
 ・英検準1級
 ・TOEIC990点
 ・観光英検1級
 ・通訳案内士(英語)
 ・国連英検B級
 ・TOEIC SW S150W190

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。