上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑


松澤喜好先生の発音セミナーに参加しました。

突然聞きとれる!たちまち話せる!英語は「耳読」にかぎる!(CD付)突然聞きとれる!たちまち話せる!英語は「耳読」にかぎる!(CD付)
(2009/04/25)
松澤 喜好

商品詳細を見る


この本の中から、「千の風」を練習しました。
ご存じ、「千の風になって」の元となった詩です。


    A Thousand Winds

 Do not stand at my grave and weep;
 I am not there, I do not sleep.

 I am a thousand winds that blow.
 I am the diamond glints on snow.
 I am the sunlight on ripened grain.     
 I am the gentle autumn's rain. 
 When you awaken in the morning's hush, 
 I am the swift uplifting rush
 Of quiet birds in circled flight.      
 I am the soft stars that shine at night.

 Do not stand at my grave and cry;
 I am not there, I did not die.


詩を見ると分かるように、
2行ずつ、韻を踏んでいます。
weep と sleep、 blow と snow、grain と rain、、、。
最初の2文と最後の2文は、
似ているけれど、それぞれ違う単語が使われています。
どちらもちゃんと韻を踏んで。

日本語の詞だけを読むと、
元の詞がそんなふうになっているということ、全く気付きません(*_*;
今回のテキストには、この「韻」のことも書かれていましたが、
テキストの日本語訳は、当然ながら、韻を踏んではいませんでした。
もちろん、詩の中身にとても意味がありますが、
詩として、音の部分が伝えられないというのは残念だし、
こういった面に出会うと
英語を勉強して「原文で読む」、ということにあこがれる一因にもなりますね。




              (日本語は参考までに。。テキストの訳です。)


セミナーに参加して、今回は少人数(7名)だったので他の方の声もたくさん聞きましたが、
事前の自己練にいちばん意義があるんじゃないかな、って思いました。
少人数とは言え、2時間のセミナーですぐに発音がよくなるというものでもありません。
今回、「参加前に50回は練習してください」、という事前連絡がありましたが、
私は30~40回弱しかできませんでした。
参加者の中には、「100回以上は・・」という方もいらっしゃいましたが、
そういう差って、聴いている方はスグ分かるみたいです^_^;
たしかに私が聴いていても、100回以上練習された方とあまり練習してこなかった方では、全然違いました。
私は規定より少なかったですが、それでも、約40回、必ず録音して再生して、
そのつど気づくことがたくさんありました。
100回なんて、もう変化ないんじゃないか、って気もしますが、
やっぱりそこは、繰り返せば繰り返すだけ、学ぶものがあるんだと思います、
もちろん口の筋肉も鍛えられるし。
・・詩から感じるコトも変わってきますよね。

今回いろいろいただいたダメ出しを思い出しながら、
この千の風の音読を、もうしばらく続けてみます。
せめて100回を超えるまでは。
恥ずかしい音声が少しでも改善されたようであればまたupします。




10/02|improving pronunciationコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
練習の繰り返し
こんばんは!
お疲れ様です。
やはり繰り返し練習することは凄く大事だなと最近も感じています。
ましてや10回やそこらでは殆ど残らないような。
50回、100回。 このあたりの回数レベルの練習をいかに"挫けず"続けられるかの勝負かしら。
From: kawahiro * 2009/10/02 20:57 * URL * [Edit] *  top↑
◇kawahiroさん

こんにちは。
いつもおせわになっております^^
コメントありがとうございます♪

> やはり繰り返し練習することは凄く大事だなと最近も感じています。
> ましてや10回やそこらでは殆ど残らないような。
> 50回、100回。 このあたりの回数レベルの練習をいかに"挫けず"続けられるかの勝負かしら。

はい、
やはり、何事においても
『100』回。
これを超えるか超えないかで、
ステージを1つ上がれるかが決まってくる気がします。
1000回できたら、それこそ“せんにん”ですね、精神的にも。
そのぐらい極めたいものです。
From: まりこ。 * 2009/10/03 08:42 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

まりこ。

Author:まりこ。
現在使用している教材
 ・でる1000問
 ・やどかり模試
 ・模試特急
 ・単語特急
 

skills/qualifications
 ・英検準1級
 ・TOEIC990点
 ・観光英検1級
 ・通訳案内士(英語)
 ・国連英検B級
 ・TOEIC SW S150W190

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。