上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑

② 『 オバマ大統領の演説の魅力と金融危機に対するオバマ政権の政策について』
          鶴田知佳子先生(同時通訳者/東京外国語大学教授)
          大坪薫先生(同時通訳者)
          柴田真一氏(みずほ証券英国現地法人Executive Director)



話の内容が私には難しすぎるのではないだろうか。。
通訳というとても高等&特殊なスキルをお持ちの方の学習方法に関するお話は
私のような英語レベルの低い者にでも参考になるのだろうか。。
昼食後だし・・・わたし大丈夫だろうか。。

そんな心配をヨソに、
みるみる話に引き込まれました。


まず、通訳という職業=英語が上手な人?というイメージ、、。
それはほんの一部分であるということ。

お話を伺っていて感じたこと
『話者』としてのプロ。
 聴かせようという声の出し方、話し方。
 話が面白い。話の流れが面白い。
 テンポが良い。
 話をふるタイミングがうまい。
 話をふられたときの反応がよい。
 的確な言葉の選択。
 話が盛り上がってても、常に全体を見ながら今を話している。
 (時間内に話すべきこと、流れ、残っている時間、などを同時に考えながら。)
 理解力(受講者からの質問などに対しての素晴らしい反応)
 いつも笑顔。
 (他の方が話している時も、油断せずに口角があがってます)


通訳として、英語“以外の”勉強量は、はんぱない。

 通訳に必要なもの
  ・anticipation    ←いかに“準備”するか。
  ・storytelling

  


3人とも外国語学部のご卒業なのですが、
びっくりしてしたのは、どなたも専門が『英語じゃない』ということ。。。
フランス語やドイツ語を専門に勉強されていたそうです。

大坪先生・柴田氏は(made in japanとおっしゃってましたが)日本で育ち中学から英語を学び始めたそうです。
・・・っておっしゃってたってことは、鶴田先生は幼少の頃から海外で過ごされたのかしら。
鶴田先生が日本語を話しているときの呼吸の仕方がネイティブっぽくて、おもしろいなぁと思いました。

たくさーーんのお話を伺いましたが
その中からいくつか英語学習に関してメモ。

 ・暗唱/コピーイングの重要性
 ・intelligentな英語を材料にすること
 ・スピーチに必要なもの・・contentsとdelivery
 ・話したことを録音して聞いてみる


 ・質問、しましょう。質問しようと思うと、思い入れが変わります。
     『 バカな答え はあっても バカな質問 はない 』



04/16|seminarコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
この記事にコメント
名前:
コメントタイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

まりこ。

Author:まりこ。
現在使用している教材
 ・でる1000問
 ・やどかり模試
 ・模試特急
 ・単語特急
 

skills/qualifications
 ・英検準1級
 ・TOEIC990点
 ・観光英検1級
 ・通訳案内士(英語)
 ・国連英検B級
 ・TOEIC SW S150W190

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。