2/22-2/28


02/28|study logコメント(0)トラックバック(0)TOP↑


先日Bridgeの受験票が届きました。
考えてみたらあと1週間です
写真を貼ったり、という事前準備が必要ないのは良いですが、
Toeicではそういうのがまた気合い注入に一役な気もしますね^^

Bridgeの公式ガイドは、なんとか一通りやりました(^_^;)
まず問題を解いて、採点、間違ったところの復習。
その後は、日本語を見て英語で発話してみる。
それから、問題の(正しい)英文の暗唱。
最後に、日本語から瞬間英作文的にぱっと発話、という感じです。

すると、問題を解くときには間違えないけど発話で間違えやすいもの、と、
問題を解いたときに間違えやすいけど、発話だとたぶん言えてるもの、
というのがあることに気付きました。

前者は、一番大きなのは、単数・複数形の使い分け。
 Winter hats (   ) on sale last week.
   選択肢は A.were B.was C.are D.is
この問題、間違えないですよね。。。こんな簡単な文章でも、
「冬物の帽子が安売りしてた」の日本語を見て発話すると、
「was」って思わず言ってしまいます。。。。
ましてや、主語のあとにいろいろ修飾がくっついてたりすると(>_<)
・・こういった類のものは、
問題を解くときだけでなく、書くときも間違えないですが、
発話だと間違えてることが多いようです。

後者は、例えばこういう問題。
She is a good friend of (    ).
 選択肢はA.us B.our C.ours D.we
これは実際に問題集の中で私が間違えました。
ほぼ瞬殺でusを選んでしまいましたが、
発話すればそれが違うということにすぐ気付きます・・。
問題を解くときに、脳が“問題を解くモード”になってるのかな、と思いました。
解きながら音声があたまに流れるようだといいのかもしれないですね。


Toeicのような難しめの英語では、
読める・解けるのと、書ける・話せるのレベル、というのは全然違うと感じてましたが、
こういう、比較的簡単な英語であっても、
読める・解ける・のと発話とは、また違うんだなぁ、
書けると発話とも違うんだなぁ、と感じました。

1つの教材をいろんな方向から使ってみるのは面白いです、
Toeicだと難しかったですが、Bridgeは、そういうのをとてもやりやすいです。
語彙力・構文力の面でハードルを下げることによって、
書けば、見れば解けるのに話せない、
2秒あれば間違えないのに“瞬間”だと間違える・・
自分の瞬発力のなさがよく分かります。




02/28|toeicコメント(8)トラックバック(0)TOP↑

母校の近くに行く用事があったので
ついでに生協へ。
英語本の売り場へ行くと、自分が学生だった時とは全く違って、
殆どがToeicコーナー(@_@

なかでも目を引いたのがコレ。

TOEIC(R) TESTスーパーコーチ@DSTOEIC(R) TESTスーパーコーチ@DS
(2010/02/25)
Nintendo DS

商品詳細を見る


発売直後と言うこともあったんでしょうけれど、
これがずらーーーっと、
いわゆる『メンチン』という置き方で書棚1段を埋め尽くしておりました。

レジの横には、DSスーパーコーチのチラシだけが山積みでドンっと。

Jay先生、ちょーイチオシという感じでした(~o~)

平積みで並べておいてある信号シリーズの中でも、
青信号だけが「ただいま品切れになっております。」と。

後輩がだいぶお世話になっているようです^^ >Jay先生。

私もかなり気になってます。 Toeic受けないのに^^;
『あなたのパーソナルトレーナーになります』というのがいいですよね~。
単語・熟語も、レベル別、品詞別、状況別に学習できるとのコト。
そういうのってだいたい教材ごとに固定だから、選べるのは嬉しいですよね^^

DS コーチ




私が学生の時には、Toeicの存在を知ってた気はするけど、
購買部でこんな扱いではなかったです、、もちろん本ももっと少なかったと思うし。

学生のうちから良い本・良い先生に出会えるなんてちょっとうらやましい気もしますが、
この歳になってからでも、出会えてよかったと思ってます^^
たくさんの『学習仲間』とこの歳で出会えるなんてことも想像してなかったしなぁ~。。

大学ではちょうど、合格発表が行われてました。
そんな時期ですね^^
ネットでも確認できるからか、実際に見に来てた人は少ない気もしましたが、
やっぱりその場で見るというのは違いますよね~。
会場での発表もいずれはなくなっちゃうのかな。。
たしかにネット発表は便利だけど、多少不便でも、
ドキドキしながら発表を見に行く、会場に着くまでのなんとも言えない気持ち、、
あーいうのも味わうべきですよね^^




02/27|未分類コメント(6)トラックバック(0)TOP↑

2/15-2/21


02/21|study logコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

ちびちゃんたちが「おみせやさんごっこしよう」というのでつきあうことに。

『今日はなにやさんにする?』
「んーー、きょうはほんやさん!」

ってことで本屋さんごっこしたんですが。

その、子供たちのやる「ごっこ」遊びが、
NOVAでやる「ロールプレイング」とそっくりだということに、
今更ながら気づき、愕然としてしまいました。


「子供が言葉を覚えるように、とにかくたくさんの英語を聞けば上達する」
というような広告を見たりしますが、
子供は、ただたくさん聴いて言葉を覚えてるんじゃないんですよね。

英会話スクールで“言語習得のために”やるロールプレイングを、
子供たちは、遊びとして、やってる。

最近、「独りごと学習法」ってありますよね、
相手がいなくても、ぶつぶつ独りごとを言ってアウトプットするという、。
・・・『はじめてのおつかい』って番組見たことありますか?
お守り、という名のマイクを仕込んで、一人でお出かけさせると、
実は子供って、ひとりでかなりしゃべってる。

子供が母国語を身につけているときだって、
ただたくさんお母さんの言葉を聞くだけじゃなくて、
しっかりアウトプットの練習をしてるんですよね~。。。
しかも、我々が英語学習に良いといわれて取り組んでるのと同じことしてるんですよ、
吸収の早い子供が。
我々はもっともっとやらなくてどうする~?
聞いてるだけで上手くなるはずがないっ!! よ、うん。


ちびちゃんは現在 6歳と3歳。
こちらとしても、どっちが相手なのかによって、
自然と使う言葉がかわってきます。

下のちびちゃんのときは、『これください』『いくらですか?』と、
NOVAでいえばいわゆる「基本パターン」でのやり取りですが、
上のコがお客さんだと、応用編、ちょっと付け加えてみたりします、
例えば『何かお勧めの本ってありませんか?』とか、
『こちらの本はいま子供に大人気なんですよ、一緒にどうですか?』とか(笑)

すると、、、それを見ていた下のコは、
次にお客さんとしてやってきたときに、
『こどもにだいにんきのほんをくだたい。」とか言うんですよ~。
すごいですよねぇ、、、こういう吸収力。
こうして、言葉やフレーズを覚えていくんですよね、母国語だって。






02/21|未分類コメント(2)トラックバック(0)TOP↑

オリンピック開幕から1週間。
実はHUBで観た開会式以来、まったくオリンピックを見れてません(*_*)
好きなんですけどねぇ、、オリンピック観戦(というかスポーツ観戦)。
でも最近、仕事も勉強もとても楽しくて、忙しかったりしても不思議と、あまり
「あーん、オリンピック観たいのにぃ~ バタバタ 」
となりません。
(もちろんもしこの時期に日中家にいたら、ずーーっと観てしまいそうですが

仕事が楽しくなったのは自分でも理由がわかってるので今後もこの調子でがんばるとして。
学習の方ですが、今年に入ってから、勉強方法を改めたら、やっぱりなにか変わった気がします。


英会話、ずぅーーっと挫折してばかりでした。
2年前、「これじゃぁマズイ・・」
「目に見えるものがあれば頑張れるかも」って、テストを受け始めたら、
テストの勉強ばかりをしてしまって、テスト的なモチベは上がったけど、
2年経っても、英会話的には全く成長してませんでした。

「これじゃぁマズイ・・・」
けっきょく2年前と同じ状況なんですが(苦笑)
こんどは、問題解いたりということでなく、
とにかく「発話」のための学習(というか練習)。それメインです。

まだそんなに経ってないんだけど、
うーん、なにか、やっぱり変わったんですよね。。


たぶん周りからじゃ分からないほど、ほんの少しの成長。
自分ですら「確か」とは言い切れない。
もちろんスコアにも表れないだろうかすかな変化。
でもなにかが違う“感じ”。

その小さな、“感じ”が、ものすごく、嬉しい。 がんばれる。


数字に表れることが、周りが褒めてくれることが、モチベになると思ってた。
確かに大きな“モチベ”になりました。
でも、私にはこの小さいけど嬉しい“感じ”こそが、いちばんのモチベにつながるんだなぁ、
ってことを、いまさらだけど理解できました。

英会話だと、大きな成長を感じられるまでにはきっとまだまだ時間がかかる。
それまではぐっと我慢。ただ、見えない成長を「信じる」。
でも、大きくなくても、小さな小さな成長は、どこかに見え隠れしているんです、
2年前にもきっとそれはあったんだろうけど、
大きな成長ばかりを求めてしまって、遠いところばかり見て、そこまでの距離を嘆いて、
小さな成長に気付けなかったんだと思います。


ま、とりあえずすごく楽しいので(*^_^*)
このまま頑張ります~♪♪
いつか、周りからも「成長したね」って、
数字じゃない部分でそう言ってもらえるようになりたいな~。



02/20|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

2/8-2/14


02/14|study logコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

開会しましたね^^
昼間はお出かけしていて開会式を見れなかったのですが、
夜の再放送、7時半から10時半までの全編を
HUBで学習仲間さんと一緒に観ました(~o~)
カナダ、いいですねぇ~
今まで会った、カナダへいったことのある人は、みんな絶賛しているし、
ますますカナダに行ってみたくなっちゃったなぁ。
今年はニューヨークへ行きたいと思っていたのだけど、
もしかしてカナダに変更かも^^;

英語学習のハナシをたくさんうかがいましたが、
その努力のすごさにびっくりしました(*_*
とてもじゃないけどマネできない。
なのにそれを、全然たいしたことないようにおっしゃるので、
たぶん、見えている部分の何倍もの努力をされてるんだと思います・・。
できる人がこれだけ努力してるのに
できない私がこんなでどうする???
・・・最近は、「私なりに精一杯努力している」つもりでいたけど、
とんでもない、、、いかに甘いか改めて痛感しました(+_+)


02/14|未分類コメント(8)トラックバック(0)TOP↑

11日(祝)はVoiceに参加しました。
メンバーは6人。
ほどよい感じ。&ほどよいレベル。

この日は建国記念の日でしたよね^^
で、話題はNational Holidayのハナシに。

Teacher:「今日は何の日?」
生徒:『National Foundation Day!』
Teacher:「どんな日?」
生徒:『・・・』
Teacher:「ヘーイ、Come on!
     日本が建国された日だろぉ?
     なんでみんなお祝いしないんだ?
     国旗あげた?誰の国だよ~。
     俺の国なら街中大騒ぎなのに、
     なんでみんなフツーーに歩いてるんだ~?
     シンジラレナーイ。
     ・・・で、誰が建国したの?」
生徒:『・・・』
Teacher:「へーい、カッモーン!
     神武天皇だよ。日本書紀にそう書いてあるよ。
     ちなみに古事記はボクが読んだ日本の本の中で最高に難しかったな~」

いつも思うけど、日本人は日本を語れなさすぎますよね。。
神武天皇が137歳まで生きたとか、
みどりの日はなんでみどりの日なのかとか、
敬老の日はもともと地方の小さな「年寄りの日」から広まったとか
海の日はなんでその日かとか、
全部の祝日に関するエピソードや祝日の意義をこのティーチャーに教わりました。。。

NOVAのティーチャーは日本をよく知ってて、
生徒に質問するとあまりに知らないからびっくりするみたいです。
天皇の名前を聞かれたときも誰も即答できなくて、
「なんで?イギリスの女王の名前は分かるのに
 日本の天皇の名前を答えられないなんて。日本人かよ~~??」
って感じでした。
名前で呼ぶことが少ないにしても、
祝日の由来とかも含め、さすがになんか恥ずかしかったなぁ。。。。


明日はバレンタインですね~
時間見つけてどこかのバレンタインVoiceに参加したいと思ってます(~o~)
(今日はマダムの手作りパン教室! ・・・in English ?)


02/13|novaコメント(2)トラックバック(0)TOP↑

2/1-2/7


02/07|study logコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

5min english 2


ストリーミングで1週間遅れなので、
今日、1月31日分でした、
明日から2月に突入。

2月、3月。
あと2ヵ月。 

テキスト買うのはあと1回。
もうちょっと、だよね。


も、もしかして、生まれて初めて
NHKラジオ講座を1年間やりきってしまうのか!?


02/07|未分類コメント(10)トラックバック(0)TOP↑

あと2ヵ月でNOVAに16回行かないと期限に間に合わないことが判明。。
(なんか去年も同じようなこといってたなぁ。。笑)

この時期、平日は帰りがNOVAに間に合わないから
そうなると土日祝が勝負。

今日こんな、なんにもしてない場合じゃなかったかも^^;
もう少し早く気付けば、どこかのブランチでVoiceでも参加したんだけどなぁ。



02/06|novaコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

Bridgeの申し込みもぶじ終え、
新しいコトが待ち遠しいデス^^

「何点狙うんですか?」とおっしゃってくださる方もいるのですが、
Bridgeで高いスコアを取ろうというつもりではなくて
いかにこの機会を活かすか、というのが大事かな、と思っています。

どうしてToeicじゃなくてToeicBridgeか、、、。
やっぱりそこにある英語の「身近度」を見たときに、
Bridgeの方がはるかに近いんですよね、私には。
それがいちばんです。

ToeicBridgeテストの題材としてあげられているのが
・外食・娯楽・家族と友人・健康・オフィス・報道・学校・買い物・旅行…。
身近、そしてなおかつ、広い、ですよね??
難易度的にはToeicより簡単でも、
ある意味、Toeicよりも範囲が広くて対策が練りづらいと思うし、
=テスト対策に特化しづらい、というのがメリットでもあります。

あとは、自分の鍛えたい部分(Speaking)の現レベルを考えると、
やはりBridgeは題材としてToeicよりもわたしに向いていると思いまして。


Bridge受けること、ちょっとどうしようか考えちゃってたけど、
応援しますと励ましのメールいただいたり、
上級者の方から「方向性悪くないと思うよ」と声をかけていただいたりして、
とても前向きに取り組めそうです^^


02/06|toeicコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
カレンダー
01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
プロフィール

まりこ。

Author:まりこ。
現在使用している教材
 ・でる1000問
 ・やどかり模試
 ・模試特急
 ・単語特急
 

skills/qualifications
 ・英検準1級
 ・TOEIC990点
 ・観光英検1級
 ・通訳案内士(英語)
 ・国連英検B級
 ・TOEIC SW S150W190

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード