上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑


今日は4月29日。祝日。

去年のいま。
私は泣いていました。
悲しくて。

今日の私は
笑ってます。
まだ半日だけど
朝から何度笑ったか。

家族と電話で、談笑。
友人のblog記事を見て爆笑。
届いたメールを開けて、大爆笑。

休日なのにちゃんとゴミ出しが間に合ってホッとして笑ったし
青い空を見上げて、(昼間は出かけないのに)嬉しくて笑った。



4月29日(祝)。
昼間は家にいて、
夜はおでかけ。

そのスケジュールは去年と同じだけど、
今年はすでに、たのしい日を過ごしています。

夜もぜったいに楽しいのは分かってるので
考えるとわくわくで、顔がニタニタまた笑ってます。




昔より、笑うことが多くなりました。

楽しいことが増えた。
それは確かだけど、
楽しいの感度も大幅に上がった、
それも確か。


生きてて楽しい。
つらいこともそりゃあるけど、
波や谷があるということも
それもまた人生 と思える。
平たんより楽しいよね。


週末帰ったとき、
“・・・最近毎日が楽しくて仕方がない ”
思わず出た私の一言に、
「それが、親のいちばんの幸せだ」と
母が言っていました。

生を与えてくれたことに感謝をするなら、
人生を楽しんでるという姿を見せること。

いつか別れはくる。 けど、
空からだって、ちゃんと見てる。

これからもいっぱい笑って生きよう。




スポンサーサイト
04/29|未分類コメント(27)トラックバック(0)TOP↑



3月アタマ、この日に受けた試験の結果が
届きました。

この試験の頃は、
仕事が忙しくなったり、大事な予定があったり
予想外に1週間前英検の2次面接が入ったりと
試験勉強の時間があまりとれなくて、

いちおう直前に英語を封印してまで取り組んだものの、
やりきれなかったものがたくさん残ってしまいました。
落ちるにしても完全燃焼と不完全燃焼じゃぁ
ずいぶん気持ちが違うものだよなぁ、、と、
試験後もなんかスッキリしていなかったんですけど、

試験から結果までの期間が長かったので、
そんな気持ちも、
試験の結果がそろそろだということも、
いや、試験を受けたことすら、忘れかけていました^_^;












封筒をあけたら
これがでてきました。
↓↓↓

certificate.jpg






得点はかなりギリギリでしたけれど、
年に1度の試験なので、
かなり、ほっとしています。
もし不合格で来年受けることになったとしても、
試験日が仕事のピークと重なるのは変わらないので。

今回のがいちばん上の級だったので、
来年は試験ないです、
心おきなく仕事に専念できます(笑)





なんか今年は試験運がいい気がします
(ぎりぎりすべりこみ。 …いいのかわるいのか。。。)



04/28|未分類コメント(8)トラックバック(0)TOP↑

native pronunciation school













1月~3月まで放送していた 斎藤兆史先生の「ネイティブ発音塾」。
毎回実家で録画してもらっていて、時間のある時に見ていましたが、
昨日やっと最後まで見終わりました^^

斎藤兆史先生、ボーリングしてみたり栃木弁を話してみたり、
とてもチャーミングな方ですね(*^_^*)


12回にわたって、日本人が区別しづらい発音を取り上げていましたが、
私が苦手なのはどちらかというと
『母音の違い』のようです。

とくにɔ:とouは、どっちがどっちかわからなくなります(*_*)

bought と boat
hall と hole
corn と cone
lord と load
call と coal
law と low


うーーーむ。
ぜんぜんわかりません(>_<)

分からないというか、いままであまり確認せず
曖昧なままにしてきてしまったのがいけないのですが、
斎藤先生は「辞書をしっかりひいて確認してください」とおっしゃってました。
ちゃんと掴みたいなら、そういう作業をキッチリやる時間も必要ですね^^;



04/27|nhk englishコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

上川先生の山口での講義音声を聞きました。

シラブル。

「通じなかったのはシラブルの数が違ったからかもしれないですね。」
って。
そこまで??

講義の中で、日本人のシラブルに対する意識の薄さについておっしゃってるのですが、
中国の方などは、こういうのが比較的得意らしいです(@_@)
例えば『McDonald's』。英語だと3。
日本語だと『マクドナルド』で5。
中国語では『麦当労』と漢字3文字。
へぇ~~。。

そういえばこの間の竹村先生のセミナーでも音節の話になっていたけど、
ふだんの英語学習の中でシラブルとして意識していることは少ないし、
もっとシラブルを気にしながら音読練習していいのかな、

って思ったら
タイミングを同じくして三羽さんがシラブルを意識した練習音声をアップされていました^^
http://ahalfyear.blogspot.com/2009/04/bentobox.html

シラブルを意識すると、英語のリズムを感じます。
英語の歌を楽しんだり、ということがしやすくなりそうですね(~o~)



04/26|未分類コメント(4)トラックバック(0)TOP↑

月曜日に届いた、前田先生のメルマガ『ダッシュで奪取』94号
その中のこの部分。

  The bag has been placed on the table. と
  The bag is being placed on the table. は簡単に区別できます。

  been と being の母音が質的に異なりますから。



been と being。
違うという意識で“発音”していたのですが、 自分で言う時には違って言えても、
リスニング中に出てくると、その違いというのがとたん分からなくなってました。
(RとLの違いも、発音する時には明らかに違って言ってますけど、
 ダーっと長いリスニングの中にポロッと出てきたりすると、処理できない時があります・・。)
そしてさらに、
has と is。
これがbeen/beingの前にいることによって、さらにconfuse。
「h」って、思った以上に、発音されていないですよね。。
どっちもschwa+zって感じで、
それが出てくるとまずそこで、「いまのhas?is?」って頭がそっちに言っちゃって、
それを判断しようと考えてる間に、been/beingが通り過ぎてる。。。

そんな感じで、わたしもこの違いについてはいつか克服しなきゃなぁ、と思っていたんです。


前田先生のblogコメント欄でchiroさんとおっしゃる方が
このことについて質問されているのですが、
http://toeic-info.jugem.jp/?eid=226#comments

chiroさ~ん、私の代わりに質問してくれてありがとう~~~

chiroさんの質問に対する前田先生の丁寧な解説、
そしててんま先生の音声での解説。
てんま先生の音声を繰り返し聞いてたら、「判らない気がしない」気がしてきました(笑)

beenとbeing、もう大丈夫です。
何で今までわからなかったんだ~ってくらい大丈夫です^^
hasとisは、たぶん“判らない”でいいんだと思います、そこで悩んじゃいけませんね、
・・z はさらっとzだけ聴いて、been/beingが聴こえたら自動的にzの前の言葉が頭の中で形成されてるはずです。
そういう作業は日本語だと日常的に脳がやってくれてるんでしょうけどね、
英語の時でも早くそういう働きをやってくれるように鍛えないといけませんが。

chiroさんは「has been と is being 分からん」と付箋を貼っていたそうですけど、
気持ち分かります^^;
でも今後chiroさんも私も、この問題ではもう落とさないと思います(^^)v




04/25|未分類コメント(2)トラックバック(0)TOP↑


先日、このセミナーに参加しました。
http://www.alc.co.jp/event/09/0418/
「英語ヴォイストレーニング」。
アルク主催のセミナーです。


去年の8月(BTTP)以来のアルク本社イベントホール。
あの時と同じ場所にいたはずなのですが、
もっともっと広く感じました。
あの日は十数人、
今回のセミナーは定員100名が満員締切状態でしたから、
だいぶ雰囲気も違います。

1時ー5時、4時間のセミナー。
途中に2回の休憩が入り、3部構成でした。

理論→実践→応用。

ヴォイストレーニングやる気まんまんでむかって
最初に「まず1時間半は理論的なお話をします」と言われたときは、
「えー、早くトレーニングしたいよ~」って思ったのですが、
この「理論」が、あとのトレーニングでとても役に立ちました。

音読がリスニング対策に良い、ということをよく聞きますが、
じゃあなんで良いのか。
「そういうものだから。」
そうじゃなくて、
ちゃんと理由があるということ。
それを、脳の構造、音の回路、といった面から説明していただいて、
そのほかにもいろいろな“理由”を聞いて、
実践をしているときの意識がだいぶ違ったように感じました。

「まぁやってみて。そういうものだから。」よりも
自分のしている行動に理由がある、ということは、
どんなふうに工夫したらいいかとか、そういう意識もできるし、
やる気の向上、モチベーションの維持につながります^^

実践では、まず呼吸法のレクチャーから始まり、
音素レベルでのトレーニング。
子音・母音ごとに、丁寧に教えていただきました。

英語と日本語は全く違うのだということ、
理論編でその大前提がありました。
息をぜ~んぶ吐いて、吐けないくらい吐いて、
自分の体が空っぽになって
そこで ふっっ っとおなかに空気が入った瞬間に、
英語を話す人の体になった気がしました。
(半分は自己暗示ですけど笑)

英語耳も英語喉も大事かもしれないけれど、
英語“息”ってすごく重要だなぁ、、って思いました。
英語息、まだ慣れなくて、疲れます、
しばらくすれば、息使いがうまくコントロールできるようになってくるようです。

この時間内に全ての音をトレーニングするのはムリですが、
セミナーにはトレーニング本とCDがついてきて、
これがまたスバラシイ(@_@)
テキストには50の音が、1つにつき1ページ、分かりやすく説明されていて、
それに合わせての音声がCDに入っているのですが、
よくある「英文をネイティブが発音している音声」だけでなくて、
ひとつひとつに、先生の説明・注意事項・ヒントなどが録音されているので、
ずっと先生のセミナーを受けているような感覚です。
(こんな丁寧な音声CDをつけちゃっていいんでしょうか??)

非常に有意義なセミナーでした。

同じ内容が7月に開催されます。
http://www.alc.co.jp/event/09/0711/
L・発音にご興味のある方、ぜひ参加してみてはいかがでしょう(^^)






04/23|seminarコメント(4)トラックバック(0)TOP↑

朝からドンヨリしていたけれど、
帰る頃は予想していた以上にまとまった雨降り。

うわぁ、、ずいぶん降ってるなぁ、、、、、、。

ちょびっとテンションさがりつつ駅に向かいながら、
「ん、こんな日はやっぱNOVAじゃん?」
と、ソッコーTEL。

ラッキーなことに、電話をした15分後からスタートするレッスンと、
そのあとにもう1レッスン、あわせて2レッスン連続でとることができ、
雨の中を歩く足取りがとたん軽やかに。


NOVAに着くと、電話に出てくれたいつものお姉さんが
いつものように笑顔で迎えてくれる。
「まりこ。さん、今日も偉いですね^^」
『こんばんは~ いつも急でスミマセン^^;』
「仕事終わってすぐに電話をくださったんですか?
 電話の向こうは(雨で)すごい音でしたけど
 こんな雨の日に、ホント偉いですね、
 雨の日は予約入れていても来ない人とかいるのに。」
『こういう日だからこそです(^^) 予約取れて良かった~♪』

レッスン中にティーチャーが
まりこはcheerfulだと言ってくれた。
「何で?」と聞かれた。
・・・なんで??
うーん、NOVAにいるからじゃないかな?
いつもはおとなしいけど、ここに来るとホント楽しくて元気になる。
そう答えたら、
「本当の答えだとしたら嬉しいよ^^」と言っていたけど、
本当にそう(^^)


NOVAに行ったって英語うまくならないよ?
うん。分かってる。
痛感してます(笑)
でも必要^^

今日もしっかりエナジーチャージしました(*^_^*)


04/22|novaコメント(2)トラックバック(0)TOP↑


もう1週間以上経ってしまいました。
9ヶ月ぶりの同窓会。

あの日以来だった方も何人かいらっしゃいましたが、
やはり特別な集いだったんだなぁ、
会ったとたんに、その場の空気が一つになって、
会わなかった時間も、会ったことのある回数も
そんなことを感じさせない楽しい同窓会でした。

あの集いが、オンラインとリアルを結んでくれて、
仲間がをより身近に感じるようになりましたし、
あの日の“運命の出会い”のおかげで
その後のEnglishLifeはとても楽しいものになっていますし。
(いつもありがとうございます)
あの日がなかったら今のわたしは全く違うだろうなって思います^^


ところで同窓会の時に、私はだいぶ酔っていたようで、
今日友人から、その時の言動について“酔っていた?”と聞かれましたが、
思い返せばそうですね、記憶にあります、その時のこと。
あまりに楽しくてテンションあがってたかもしれません^_^;

それにしても、
みなさん本当に スゴイ! です。
マネできない、ついていけない、どころじゃありません、
想像を超えた、信じられない、ようなことを平然とやってのける人たちばかりで、
もう、こちらはあんぐり、言葉もでませんでした^^;

まだ私が1周できていないものを、50周してる人がいる、、
そりゃ刺激にもなります。。

去年のあの日も“衝撃”でしたけど、
再会であっても、
やっぱり彼らは“衝撃”でした。

楽しいに加えてサプライズもあり、
日曜の夜だというのにだいぶ遅くまで遊んでしまいました(*_*;
次回はやっぱりまた“昼から”で設定しないと、時間が足りませんね^^;





04/21|未分類コメント(2)トラックバック(0)TOP↑

Z会模試の復習。

3月半ばに、“時間通り”でトライ。
その後、日をおいて、
時間を計らずにやりました。

初回
L  
   Part1 10/10
   Part2 28/30
   Part3 23/30
   Part4 17/30
R  
   Part5 31/40
   Part6  7/12
   Part7 41/48

2回目
L  
   Part1  9/10
   Part2 28/30
   Part3 28/30
   Part4 25/30
R  
   Part5 35/40
   Part6 10/12
   Part7 43/48


いちおう前置きしておくと、
初回、かなり“集中力”のモチが悪かったです。
Part4の差はその辺かな。


前回できていたのに間違えたところもけっこうある。
これはおそらく勘で答えていたのだなぁ。
確かに、Z会模試は難しくて、
かなりの数を“カン”で答えた気がします。
もしも勘ボックスを使ってたら、大半は勘ボックスにチェックが入っていたと思います。
・・・とかふつうに書いてますが、
私は勘ボックスを使って問題を解いたことは今までないです
勘ボックスの実物を見たことも・・
(前田先生の本は赤信号しか使ったことがないので。。)

前回間違えたところは、やっぱそれなりに同じところを間違えてる(*_*
“思ったとおり”たくさん間違えている語彙問題。
意外と間違えていたNOT問題。
え、そこ??そこ間違える??って問題。。

『TOEICの勉強をしている人とは思えない間違え方』連発です。
・・・。
そうなのよね、同じくらいのスコアの人とは話が合わないんだもの。。
同窓会でも話題についていけず「ぽか~~ん」でした^_^;


復習って時間がかかりますね。
とりあえずリスニングの音読は何度か繰り返しました。
ついつい楽しいところからやってしまいます。
苦手なPart5。これをやらなければいけないんですけど。


04/20|toeicコメント(2)トラックバック(0)TOP↑


明日ようやく定額給付金が支給される模様。
しっかり消費するつもり。
英語学習に使うもの、もしくは最近楽しんでいる趣味で使うもの。
んー、それぞれ1つずつ買って、ちょうどくらいかな。

といっても 私の口座に振り込まれるわけではないので
なんとなく そのまま プレゼント になってしまう気も。。
・・それはそれで、よい使い道かも(^^)
ちゃんと使ってくれるなら。


ところでNOVAでも定額給付金キャンペーンやってます。
新規の方、12000円で2ヶ月間のプチ留学。
レッスン8回受けられるのは、お試しとしてはよいかも?

と書いておいてナンなんですが、あまりオススメしません^^;





tokyo tower   今日はたくさん歩きました。
   いみもなく。

   ipodを忘れて、
   ながら聞きもなくて、

   考え事はたくさんしました

   気がつけば 夜でした

   東京タワーは
   ダイヤモンドヴェール



04/19|未分類コメント(5)トラックバック(0)TOP↑


④『 英会話ドタン場切り抜け術』
          スティーブ・ソレイシィ先生(東洋英和女学院大学講師)


 ・発話率
 ・エダハ
 ・説明力



私にはとーーーってもありがたいセミナーでした。
会話ができない人、会話が続かない人、
とても参考になったと思います。

単語や表現が思い浮かばない時にいかに伝えるか。
会話が続かない時にいかに膨らませるか。
ペアワークやゲームなどで楽しく学びました。

最初のパートナーとの自己紹介は
続かなかったり言葉に詰まってしまったりしましたが、
セミナー後半、パートナーがかわったあとは
前半に比べてかなり私の発話率も増えたと思うし、
たのしく会話ができました(^^)


それにしても ソレイシィ先生 カッコイイ 
おもしろいしマッチョだし。瞳がすごくキレイ。

ソレイシィ先生は日本語がペラペラ。
私は安心して堂々と日本語で話しかけましたが、
友人はキチンと英語で会話していました、エライ!
そういうキモチが大事よね。

 

04/18|seminarコメント(4)トラックバック(0)TOP↑


③ 『オバマ大統領演説で英語力アップ・トレーニング』
          河原清志先生(東京外国語大学講師)


リスニング力強化の方法と、
後半はオバマスピーチを材料に実践トレーニング。


よく、リスニング対策には○○がよい、ということが言われるけれど、
「リスニング」といってもそれに必要な要素は1つじゃない。
例えば聴きとれること、
意味を理解すること、
情報を維持すること。

リスニングに立ちはだかる
 (1) 音声の壁
 (2) 意味の壁
 (3) 速さの壁
 (4) 長さの壁
 (5) 未知の壁
5つの壁をどう突破するか。

自分がいつもつまずくのはどこなのか。
それによって必要なエクササイズも違ってくる。

シャドイング、シンクロリーディング、サイトトランスレーション、、、
9つほどの、エクササイズを紹介していただきました。


そうなんですよね、
私の場合は音読練習してから、
『言っている“音”』は以前より分かるけど        音の壁
何を言っているのかが分からない。     
時々何を言っているのかが分かっても、        意味の壁
2~3秒間はそれを保っていられるけど
30秒後には記憶から消えている(・・;)          長さの壁?
ある程度の速さを超えると、
その瞬間瞬間ですら、ちんぷんかんぷん。       速さの壁
分からないところがたくさんでてくると、
・・・思考回路停止(*_*;                    未知の壁


何が足りないとどうなるのか。
オバマスピーチを使って、いろんな作業をしました。

たとえば出てくる単語の意味を、
ペアワークでテストしたりして頭にちゃんと入れた上で、
知らない単語のない文章を聞く。
・・・なに言ってるかわからない(*_*)

ディクテーションしてペアで確認、
お互いに同じことを書いてる。
「ここはそうだよね、そう言ってたね(^^)」
・・・でも間違えてる(@_@)



「リスニングが苦手なんです」
それだけじゃ本当の打開策は見つからないですね、
もっと細かく、自分の壁を分析してみよう。



04/17|seminarコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

② 『 オバマ大統領の演説の魅力と金融危機に対するオバマ政権の政策について』
          鶴田知佳子先生(同時通訳者/東京外国語大学教授)
          大坪薫先生(同時通訳者)
          柴田真一氏(みずほ証券英国現地法人Executive Director)



話の内容が私には難しすぎるのではないだろうか。。
通訳というとても高等&特殊なスキルをお持ちの方の学習方法に関するお話は
私のような英語レベルの低い者にでも参考になるのだろうか。。
昼食後だし・・・わたし大丈夫だろうか。。

そんな心配をヨソに、
みるみる話に引き込まれました。


まず、通訳という職業=英語が上手な人?というイメージ、、。
それはほんの一部分であるということ。

お話を伺っていて感じたこと
『話者』としてのプロ。
 聴かせようという声の出し方、話し方。
 話が面白い。話の流れが面白い。
 テンポが良い。
 話をふるタイミングがうまい。
 話をふられたときの反応がよい。
 的確な言葉の選択。
 話が盛り上がってても、常に全体を見ながら今を話している。
 (時間内に話すべきこと、流れ、残っている時間、などを同時に考えながら。)
 理解力(受講者からの質問などに対しての素晴らしい反応)
 いつも笑顔。
 (他の方が話している時も、油断せずに口角があがってます)


通訳として、英語“以外の”勉強量は、はんぱない。

 通訳に必要なもの
  ・anticipation    ←いかに“準備”するか。
  ・storytelling

  


3人とも外国語学部のご卒業なのですが、
びっくりしてしたのは、どなたも専門が『英語じゃない』ということ。。。
フランス語やドイツ語を専門に勉強されていたそうです。

大坪先生・柴田氏は(made in japanとおっしゃってましたが)日本で育ち中学から英語を学び始めたそうです。
・・・っておっしゃってたってことは、鶴田先生は幼少の頃から海外で過ごされたのかしら。
鶴田先生が日本語を話しているときの呼吸の仕方がネイティブっぽくて、おもしろいなぁと思いました。

たくさーーんのお話を伺いましたが
その中からいくつか英語学習に関してメモ。

 ・暗唱/コピーイングの重要性
 ・intelligentな英語を材料にすること
 ・スピーチに必要なもの・・contentsとdelivery
 ・話したことを録音して聞いてみる


 ・質問、しましょう。質問しようと思うと、思い入れが変わります。
     『 バカな答え はあっても バカな質問 はない 』



04/16|seminarコメント(0)トラックバック(0)TOP↑


① 『成功する英語100万語多読 ~300万語を視野に入れて~』
          古川昭夫先生(SEG 多読教室主宰)

多読です。
先日洋書に挫折したばかりの私。
“続けられる”取り組み方には興味がありました。

セミナーがスタートして10分、
10時半ちょうど。
とつぜんどこからかアラームが聞こえてきました。
 ・・・ちょっと、、、。 先生に失礼だよ~。
と思ったら、
古川先生が徐にポケットからケータイを取り出し、
『あ、いつもこの時間に起きてるんですね、、』とアラームを止めてました(笑)



 多読3原則 
  1)辞書を使わない
  2)分からなければ飛ばす
  3)つまらなければやめる

100パーセントの理解にこだわらないことと、
難しすぎないこと、
興味があるということがとても大事なようです。

特に初心者は、とにかく易しい本。
「じゅうぶんにやさしい本からスタートする」。
たとえば絵本で、1ページに文は1行。
そうすると、単語の意味が分からないものがあっても、
その絵から意味が想像できる。
読み上げているCDなどがあればそれを聴きながらやるといい。
音も分かるし、『返り読み』を防ぐことができる。→英語のまま理解することができる。

なるほどぉ、、、。
CD付きの絵本は定期的に読んでましたが、
あれが『多読』の一環という意識は皆無でした。
意外と “悪くないこと” してたのね、私、、、なんて思ったり^^;

ひととおり多読についての説明があった後、
1時間ほど、各自が多読する時間をとってくださいました。
(こうやってすぐに実践の時間を作っていただけるのはありがたいです。)
なんと、1人1人にCDプレイヤーまで配られ!
用意してくださった本も(たぶん)全部CD付きでした。

私は6話ほど入っているFRLを1冊と、絵本を1冊読みました。
Totalで4,000語くらいです。(同じ時間でえみえもんさんは12795語だそうです!)
私のすぐ隣では、親友がCDを聴きながら絵本を読んでいましたが、
時々笑いを必死にこらえて肩を震わせていました(笑)
あの絵本の中身が気になります^^;


挫折の一大要因は『急いでレベルをあげすぎる』ことだそうで、
あまり、早くレベルを上げなきゃとか、このぐらいのレベルまで読めなきゃとか、
そういうことを考えず、 いろいろな本を読んでみて、
難しすぎず、心地よいレベル・内容のものをたくさん読むとよいようです。

私の場合も、まだ“多読”というものに慣れていないので、
自分のレベルがこれくらいだから、Toeicスコア○○~ なら読めるはず、とか、
あまり考えないで、楽しいものから楽しんで読んでいこうと思います。

そして、“こだわらない”こと。
最後の質問タイムでの、受講者からの質問に対して、
古川先生が(そうは言ってないけど)「うーん、、なんでそんなこと気にするかなぁ。」っていう感じでした。
どの質問に対しても。
『あまり深く考えない』で「とにかく楽しく読む」。
それが大事なんですね^^



04/15|seminarコメント(4)トラックバック(0)TOP↑

コスモピア主催【春の英語学習〈やる気と実力アップ〉セミナー】は土・日の2日間セミナー。
どちらかだけ参加ももちろんOKで、
私は土曜のJay先生・神崎先生のセミナーに参加したくて申し込んだのですが、
(申し込んだ時には)両日参加で申し込むとオトクだったので、
2日目は “ついで” という感じで両日申込をしました。
ですが、2日目参加して、
そのセミナーの充実さは、 『・・・え?いいの?』 ってほど。
参加してよかった、、
まだ席が空いていたのが本当にもったいなかったです。。



2日目の内容

  『成功する英語100万語多読 ~300万語を視野に入れて~』
          古川昭夫先生(SEG 多読教室主宰)

  『 オバマ大統領の演説の魅力と金融危機に対するオバマ政権の政策について』
          鶴田知佳子先生(同時通訳者/東京外国語大学教授)
          大坪薫先生(同時通訳者)
          柴田真一氏(みずほ証券英国現地法人Executive Director)

  『オバマ大統領演説で英語力アップ・トレーニング』
          河原清志先生(東京外国語大学講師)

  『 英会話ドタン場切り抜け術』
          スティーブ・ソレイシィ先生(東洋英和女学院大学講師)



10時20分からスタートし、18時まで。
集中力が持つのかな、、午後は寝ちゃわないかな、、
と心配していましたが、とんでもない!
どのセミナーも面白い・ためになる話が満載で、
実際のワークなどもあり、最後の最後まで、楽しく参加できました。

それぞれの内容について感想などを書きたいのですが、
どれもとても充実していたのと、
いまトラブルにより^^;PC画面をあまり長く見ていられないので、
今後少しずつ分けて記事にしていきます。。


04/14|seminarコメント(0)トラックバック(0)TOP↑


土曜日、暖かい(というより暑い)春の日差しの中、
コスモピア主催の【春の英語学習〈やる気と実力アップ〉セミナー】に参加しました。

内容は、Jay早川先生の『TOEICテストスコアアップに直結する語彙力アップ演習』と
Jay先生・神崎先生の『TOEICレベル別アドバイス/TOEICテスト何でも相談』です。

Jay先生には、昨年7月のFusion&懇親会でお会いしたことがありましたが、
その後、Jay先生のセミナーに参加できる機会をずっとうかがっていました。
このセミナーの開催を知って、
Jay先生の単独セミナーと、われらが神崎先生とのジョイントセミナー、
これは絶対申し込まなければ、、と、
セミナーのお知らせが掲載された多聴多読4月号発売と同時に、申し込んでいました。

Jay先生のセミナーは、“たとえ”がとても分かりやすく、おもしろく、
そして最後に必ずオチがつく。
私も心の中で何度も 『ウマイ!!』と拍手してました^^

ジョイントセミナーは、参加者のお悩みに神崎先生・Jay先生が答えてくださる形式。
事前に出してあった悩みへの回答と、
その場で質問に受けて答えてくださる2パターンです。
残念ながら私の“悩み”は読まれませんでしたが、
他の方の悩みを聞いて、「なるほど」って気づくところがたくさんありました。

Jay先生に、いま取り組んでいる『書き込みドリル(フレーズ編)』にサインをいただきました^_^
(去年の今頃取り組んでいた書き込みドリル(文法編)はfusionのときにいただきました^^)
神崎先生にもサインをいただこうと思って、スシバーを持って行ってたんですが、
なんとなく恥ずかしくてサインをお願いできませんでした(・・;)
神崎先生はスーツでビシっと決めてらして、いつもとオーラ違いました^^
そんなカリスマオーラを出していながらも、
「趣味はインターネットです。2チャン、やってます。」と自己紹介するあたりがまたステキです^^;

セミナー終了後は、Blogerさんと飲み&お茶しました。
(月を越えてのお祝いまでしてもらっちゃって・・アリガトウゴザイマス)
『超前向き』な発言をたくさん浴びて、
私のheartがあつくなってくるのを感じました。
自分の中での“モノの考え方”が、オセロがひっくり返るみたいに、パタパタパタって、変わっていきました。

あと、私、もう少し自信持ってもいいんじゃないかな、って思いました。(・・スミマセン。)
Blogを通して、とか、リアルにお会いする中で、
私が“謙遜している”と思われる時があるのですが、
これが本当に、謙遜でなく、『アタシ、もうちょっと何とかナランかなぁ。。(*_*)』っていつも思ってて、
でもいろいろと話を聞いていたら、
もうちょっと自分に自信を持ってあげなきゃかわいそうというか、
その方が結果的に自分のためになるんじゃないかな、って感じました。
とは言っても、そうそうすぐに『自分に自信』つけられないですが、
でもそっちの方向で、考えるように心がけたいです。



04/13|seminarコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
radio textbook







先週の月曜日からスタートしたラジオ講座、
今週の月曜日にストリーミングがスタート。
そこから毎日1日分ずつ取り組むはずでしたが、
月・火と英語学習をさぼってしまい(*_*;
水曜日からスタートしてました。

週7日分が翌月曜にアップされるので、
・・・ってことは翌々月曜には前の週のストリーミングは消えるのよね、、
1日1つじゃ間に合わないじゃん??ってことで
水・木・金に1日2つずつ & 土曜に1つで、
ひとまず“1週目”を完了。

これでペースを“通常”に戻せますが、
日曜に日曜分を聞き逃すとこわいので、
月~水に2つずつ+木曜に1つ、
金~日は復習として聞く日にしようと思います。

1回5分なので、内容量的に、“全部覚えるぞ!”という気持ちになれます。

今年こそ(笑)ちゃんと1年続けます!




04/12|nhk englishコメント(2)トラックバック(0)TOP↑


NOVAではレッスン以外におしゃべりクラス(VOICE)に時々参加しますが、
人数制限がないので、ものすごーくたくさんの人たちで話すことになります。
英会話喫茶のようなものとは違って、
VOICEルームにいる人全員で、1つの話題について話すので、
大勢の中で“くちをはさむ”のは、けっこう勇気が要ります。
また、VOICEの常連さんたちは、とてもレベルが高い!ので、
私くらいのレベルだと話題にも会話にもついて行けず、
ほとんどしゃべれない、言っている事すら分からない、ということが多いです。

あまりにVOICEで話せないことが続いていたので、
初めて、「Easy VOICE」に参加してきました。
Easy VOICE というのは、レベル制限のあるVOICEです。
上級者は参加しちゃいけないVOICE。

NOVAのレベルは、1~7まであります。
数字が少ない方が上級者、数字が多いと初級者です。
Easy VOICEの参加資格はレベル5~7。
なので、確実にレベル1~4の人はいません。
Easy VOICE なら、通常のVOICEより多少は話せるだろう、、と思って行ったのですが。

いやいや、Easy VOICE、
めちゃめちゃ楽しかったです☆
話題が身近で、ちゃんと参加できる、
みんなが話している事もよくわかる。
“わかる”って感覚が、何とも言えず楽しかったです(^^)
VIVA!Easy VOICE!
3コマだけでしたが、もっとず~~っとそこに居たかった。。


本当は早く 「Easy VOICE に参加できないレベル」 になりたいんですけどね^^;
Easy VOICE は設定が非常に少なくて、今後参加できる機会は少なそうです。
通常のVOICEで、こんなふうに話していることがよく分かったら、楽しいだろうな~♪



04/11|novaコメント(8)トラックバック(0)TOP↑

休みを取ったので、めずらしく昼間のレッスンを1コマ受けました。
いつもは平日の夜ですが、
平日の昼間はまた雰囲気が違って、
窓から入る光も明るくて、
且つ私も疲れてないから、いつも以上にテンションあがりました^^

レッスンのお題は“reading habit”。

どんな本を読むの?
ジャンルは?
好きなauthorは?
新聞や雑誌はよく読む?

会話の中で、最近読んだ何か良い本があったら教えて、
と言うようなことを聞かれました。

私、あまり本読まないのよねぇ、、、、。
でも会話だし、何か話さなきゃ。。

・・ その時、いちばん最近 読んだ 読もうとした本が思い浮かびました。
いまから2週間前。
「洋書読んでみよう」と思って、初めて手にしたのが
『The NOTEBOOK』(邦題:きみに読む物語)。

k2さんとengmanさんの“ハイタッチ”に感動して、
私もハイタッチしたい!!と思い、
かつ「Toeic470~」の文字に、なんとかなるかな、と
この本を選んだのですが、

・・・3ページで挫折しました(*_*
洋書を読むということに慣れていないからか、
私の根性不足故か、 
半ページで、昔の私なら挫折していた、って感じで、
何とか、がんばって3ページ。。
(しかもこの本が映画化されたときに私は映画館で見ていたので
 なんとなくストーリーもわかっていたのに。。)

その話をティーチャーにしたら、
ティーチャーもその日の1コマ目でテンション高くて、
OH~ Three pages !! WAHAHAHAHA!!
って大爆笑されました(*_*;

その時は私も一緒に笑ってたんですけど、
やっぱ、情けないなぁ、、、。。

この本については、k2さんが、
「たまらなく知的溢れる充実した時間を過ごせることを保証」してくれているので、
そんな時間が過ごせる時がきっと来る、と信じて、
逃げずに、近いうちまた取り組もうと思います
ティーチャーにちゃんと読んだと、こういうストーリーだと、伝えられるようになります。


04/10|novaコメント(2)トラックバック(0)TOP↑

久々NOVAレッスン。2コマ。

1レッスン目は、いつもお世話になっている、
ちょっとキビシ目なティーチャー。
予約の時点で、どの先生のクラス、というところまで選択できるのですが、
「○○先生こわいから、できるだけ予約入れてない」という声も
なんどか聞いたことがあります、
ゆる~く通っている生徒はちょっと敬遠気味だけど、
しっかり指導してくれるから私は好きです^^

2レッスン目は、予約を入れる時点で“あれ?新しい先生?”でした。
ブランチ所属のティーチャーは3~4人だから、
違う先生はすぐ分かります。
新しい先生ってどんな人かなぁ、、、と、
ちょっぴり不安になりながら待っていたら、
ちょーー見覚えある顔(@_@)
そうしたらそのティーチャーも私を見るなり
「OH I KNOW YOU!!」と。
3年前まで通っていた、実家近くのブランチのティーチャーでした。
まさかまた会えるなんて~~(TT)
NOVAがbankruptして1年半経つので、
VOICEで他の校舎に行っても会わなかったし、もういないんだろうなぁ、
と思っていました。

授業のスタイルも、書く文字も、懐かしくて
当時のまま、楽しくて、
うれしい再会でした。
・・・私の顔を覚えていてくれて嬉しかったですが、
さすがに名前は覚えていないだろうなぁ、と思っていたら、
5枚のカルテの中から迷わず私のを取り出してくれたので、
それもまた嬉しかった^^
 なのに私は、、会話の中で
 「You're from Canada, aren't you」 「NO. America」 ・・・・。
 という失態を(*_*;

とりあえずの所属は別のブランチのようで、
今月はウチのブランチへのヘルプ担当で集中的に来るようです。

再会は本当にうれしくて、
話したいこと、聞きたいことがいっぱいあって、
レッスンのあと、「次に会うときまでに、アレを言いたい、コレも言いたい、」って、
そしてそれを英語ではなんて言えばいいんだろう、って、
ずっと考えてました。
日記を毎日書こうと思っても、なかなか何書くか悩んでしまいますが、
こういう「伝えたい気持ち」って、ほんとにエネルギーになりますね^^


04/09|novaコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

kandagawa










日曜日は 天気も良かったので お散歩がてら 明治通りを 神田川まで歩き、桜を堪能。



omokagebashi
帰りは面影橋から
都電で池袋まで戻りました。

面影橋の駅は神田川沿いで
桜が目の前に並んでいるので
都電に乗って桜を見に来る方も多いようです。





ikebukuro


  池袋ではいつものところへ。

  金曜よりもさらに開き
  美しさにやわらかさも加わって
  心地いい。

  しばし
  ぼ~~っと。






帰り、時間もあったので
マック勉でもしてみようかな、とマックに行ったのですが、、

休日午後の駅前マックでマック勉なんてむりですね^^;
私はタイミングよくすぐ座れたものの、みるみる席を待つ行列。

店員さんは座っている客の食べ終わったものを次々片付け、
「他のお客様がお待ちですので・・。」と促してます、

ポテトは勢いで食べるもの(笑)、あっという間に私の目の前の食べ物もなくなっていたし、(セットでバーガーも食べたんですけど。。)
とにかく次々と人が来るので、
ほぼ“食べただけ”で帰りました^_^;


以前はジュンク堂の向かいにマックがあって、
駅前店ほど混んでなくて、広くて、
非常に重宝していました。
・・なんでなくなっちゃったかなぁ。。



04/08|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑

おしゃべりクラス、4コマ。
お花見シーズンの土曜で人が少ないかな?と思ったら、
超満員(*_*;
その後もどんどん増えて、あふれてしまったのだけど、
それをみた(VOICEじゃない)ティーチャー達が、
いきなり教室を改造し始めて、
別のスペースに大きな即席VOICEルームを作ってくれました^^

今回も初めての校舎。
私の家の近くからバスで終点まで乗ったところにあります。
ここのスクールはすごーく雰囲気が良い!!
ティーチャーも生徒さんたちもとても仲良しで楽しそう^^。
大抵、私は“アウェイ”なので居心地はいまいちだったりするんですけど、
ここは全くそんなこともないし、
ティーチャーたちが「いいBranchにするぞーー♪」って思ってるのがいっぱい伝わってきました。
どのティーチャーも受付のおねぇさんも、
私にもたくさん声をかけてくれて、
常連さんのVOICEメイトさんたちも、ウェルカムな雰囲気で受け入れてくれて、
また来たいなぁ、って心からそう思わせてくれるブランチ。
もう少しバスに乗る時間が短ければ、転校も考えるんだけどな^_^;



cherry blossoms in Ikebukuro


1シーズンに複数回訪れるところ。
近くで静かで落ち着きます。

今日も行くつもり^_^
←コレハ金曜日。




04/05|novaコメント(2)トラックバック(0)TOP↑


cherry blossom in the sunset

満開まで
もうちょっと。

近くで見るには
このぐらいもまたgood

いざ輝かんとする
エネルギーが
みなぎってる。





04/04|未分類コメント(6)トラックバック(0)TOP↑

2月に西宮で行われた「大統領なりきりセミナー」。
残念ながら参加することは出来ませんでしたが、
当日の音声もきける『レポート』をダウンロードして聞きました。

てんませんせいのメルマガは以前から読んでいましたが、
そのセミナーの「通訳訓練メソッド編」をダウンロードしたら
桐嶋先生のメルマガが届くようになりまして、
・・これがとても良いです、

最近VOICEや英検2次から
『時事ネタにも触れなければ』→『英字新聞とか読まなきゃ・・・』
と思っていたものの、
そういう類のものはあまりこれまで触れていなかったから、苦手意識というか
難しそうだしナカナカ習慣にならなそうなエリアだったのですが、

この「やさしい英語ニュース」は、
ほんとうに難しくなく(分かりやすく)、
送られるニュースは話題になったばかりのとてもホットなもので、
自然にチャンツ読みできるような流れになっていて、
英字新聞に慣れてない私みたいな学習者には
すごく役に立ちます。
他で英語ニュースに触れようという気持ちにもなってきます、

単語を毎日少しずつ勉強してますが、
覚えづらい難しそうなコトバも、
時事ネタでを通して覚えた単語は頭に残りますね、
ニュースの中にはそのキーワードが何度も登場して
なおかつ他の関連ワードも一緒に登場するから、
英語で記事を読むのって勉強になるなぁ、、。
(・・・気づくの遅いですか?^^;
 読んだ方がいいよ、とは言われたことありますけど、
 人に言われるより、自分で実感しないとダメですね。)

セミナーダウンロードで必然的についてきたメルマガ登録でしたが、
登録してよかったです、
やさしい英語ニュース、読んで、
もうちょっとVOICEで発言するぞ~~~~(~o~)



04/01|未分類コメント(2)トラックバック(0)TOP↑
カレンダー
03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

まりこ。

Author:まりこ。
現在使用している教材
 ・でる1000問
 ・やどかり模試
 ・模試特急
 ・単語特急
 

skills/qualifications
 ・英検準1級
 ・TOEIC990点
 ・観光英検1級
 ・通訳案内士(英語)
 ・国連英検B級
 ・TOEIC SW S150W190

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。