上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑


この本を読みました。


外国語上達法 (岩波新書 黄版 329)外国語上達法 (岩波新書 黄版 329)
(1986/01)
千野 栄一

商品詳細を見る



とても古い本です。
NHKのテレビ番組『連想ゲーム』
テープレコーダーその他の普及もあって

などという件からもよくわかります(笑)

けれど、書かれていることは、古くない。
・・・というより、立ち返るべき原点、だと感じます。
薄い本ですが、基本中の基本が詰まっています。
おそらく当時は今に比べてこのような類の本が少なかったでしょうから、
売るための妙な変化球は必要なかったのかもしれないです。
だからこそ、これ1冊だけを語学methodのバイブルとして、
あとは実践あるのみ、でいいかもしれません。

タイトルからわかるように、
「外国語」の上達法であって、「英語」の上達法ではないです。
英語のみならず、ロシア語、チェコ語、フランス語、ギリシャ語、スラブ語、、
どのような外国語であっても、
習得のためにやるべきことは同じであるということ、
しかも、その中でも英語は、とても簡単なほうかも・・・ということが分かりました(・・;)

外国語の学習において、
必要なモノ、よい学習書、よい先生、やるべきこと、、、
章にわかれて細かく書かれています。

最近話題の“語彙”の重要性、発音の重要性、
その言語の向こうにある“文化”の重要性、や
会話に関する記述など、興味深いものばかりでした。

本を紹介してくださったあぶさんに感謝いたします。



あいたたた、、、だったのは

「外国語は好きなんだけど、単語が覚えられなくてね」という人は、自分が勤勉でないことを告白しているのである。

いかんですね(^_^;)
勤勉でないことばらしちゃってました。。。
(あ、でもそれは“過去の私”なんでした!
 語彙もがんばってますよ、まだなんとか。)



・・・70歳を過ぎた今日でも毎年1つは新しい外国語をものにしておられる私の恩師の話を伝えることにする。 「いや、もうだめですね。覚えるそばから忘れていきますよ。見事に、きれいさっぱりです。私たちが若い人たちに対抗していく唯一の手段は、何度も何度も繰り返すしかありませんね」 といいながら、先生は1年たつとその言語を習得しているのである。

うーーーん(*_*)
「記憶力が、、、、、、。」とか泣いてる場合じゃありません




スポンサーサイト
11/25|bookコメント(4)トラックバック(0)TOP↑
カレンダー
10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

まりこ。

Author:まりこ。
現在使用している教材
 ・でる1000問
 ・やどかり模試
 ・模試特急
 ・単語特急
 

skills/qualifications
 ・英検準1級
 ・TOEIC990点
 ・観光英検1級
 ・通訳案内士(英語)
 ・国連英検B級
 ・TOEIC SW S150W190

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。