上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑

10月中に英語に関するセミナーを2つ受講しました。
テーマは、ひとつは英語脳、もうひとつはToeicです。

****

英語脳の方は、約4時間にわたる充実のセミナー。

先生のオーラがすごくて、部屋に入ってきたとたんに、
部屋中の空気がかわりました。 ひきつけられました。
いきなり英語オンリーでセミナーがはじまってちょっとあせりましたが(*_*)
(しばらくしてから日本語になりました。)

5~6人という少人数で行われたこともあり、
「受講している」というより「参加してる!」という感じ。
セミナー自体も、意見を求められたり、
先生に「OK」と言われるまで根気よく発音なおされたり、
OKをもらったあとは他の参加者のコーチ役をさせていただいたり、
毎日やった方がいいという訓練を実践したり、と、
参加型なセミナーでした。

私以外は全員学生さん。 …めずらしいようです。
社会人向け、という印象があったので、私も行ってみて驚きました。
中には高校生も1人いらっしゃいました。
アメリカの大学に進学したいのだそうです。
「行く前に英語をしっかり勉強しておく」ということはやはり重要なようで、
『英語の勉強のため』に留学するということがいかに効率悪いか、日本特有か、という話もうかがいました。


このセミナーに参加したのが月の初めの方だったので、
その次の日の朝から、毎日10分間、
「英語脳の構築」のための学習時間を取るようになりました。
毎日10分でも、遅くとも1か月、早ければ1週間ぐらいで効果が出る、と先生はおっしゃってましたが、
私も最近、感覚が変わってきた気がしました。



この、「感覚が変わってきた」感じ、悪くないです。
今年3回目ですが、過去2回、感覚がちゃんと成果に結びついているのです。

1回目は、今年の1月頃。 Toeicの勉強をしていて、明らかに、今までより読めてきているのを実感しました。
「いま受けたら絶対にスコアがあがる」と感じました。
実際は1月は申込みをしてなかったので、3月まで待たなければならなかったですが。
やはり、リーディングが大きく伸びました。

2回目は、先日記事でも「あわあわしなくなった」と書きましたが、音読練習やディクテーションをするようになってから、聴こえてくる感覚の変化がありました。
知らない言葉の並んだ文章でも、雑音でなく「言葉」として聞こえてくるようになりました。
そして、リスニングが伸びました。

今回も、自分の感覚の変化を信じて、引き続き取り組んでいこうと思います。



****

Toeicセミナーの方は、テーマこそ「Toeic」でしたが、
私はToeic以外のことが聞きたくて参加しました。

セミナーの主催側が、Toeicに重きを置いているとは思えなかったこと、
そして、セミナーの講師の方が、Toeicをメインに教えていらっしゃる方ではなかったので、
Toeic以外の話もいろいろ聞けるだろう、と踏んで参加することにしましたが、
やはり、Toeic以外の英語に関する貴重なお話をたくさん聞くことができました。

セミナー終了後、直接講師の先生と話をさせていただくことができたので、
いくつか質問や相談をさせていただきました。
すごく緊張してしまって、何を話したか半分くらい飛んでしまいました。。(コラコラ)
精聴と多聴、精読と多読の使い分けや、学習へのモチベーションの保ち方、、などの話をしてくださいました。
笑顔の素敵な、優しいオーラに包まれた先生でした。

あと、主催団体の事務の方にも長く時間を取っていただき、学習の相談をしました。
さすが、いろんな英語学習者の相談にのっているだけあって、
どんな質問をしても反応がはやいし、いろんな例をあげてくださって、とても参考になりました。


スポンサーサイト
10/30|seminarコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

10_052.jpg





英会話スクールの、ハロウィンVOICEに行ってきました。
           (VOICE:フリーカンヴァセーションルーム)

いつも通っている校舎ではVOICEは行われてなくて、
別の校舎へ行きました。

以前その校舎があった場所に行ってみたら、 ・・・からっぽ。
ちゃんと事前にHPでも場所確認していたのだけれど、
やはりそこには何もありませんでした。
(テナントが入っていなくて、[立入禁止]と。)

土地勘はあるので、まわりを歩いてみたけど、
別のスクールの看板はたくさん目に入るのに、
目的のものは見つからない(*_*)

しばらくうろついてから、いつもの校舎に電話をして、
行きたい校舎の電話番号を教えてもらって、電話して、、
というかんじで、少し遅れてしまいました。

やっと校舎を見つけて、階段を上がり、
ドアをあけ、受付に駆け寄って
『すみません!VOICEを、、、』と言いかけたら、
「・・・土足厳禁なんですけど。。靴脱いでください。」と言われてしまいました、
まったく周りが見えてませんでした(^_^;
(土禁の校舎は初めてでした!)
あわててドアまで戻って、脱いで、受付にまた行って、
手続き。さらに大遅刻。すでに5人が入室中とのこと。
(基本的にVOICEは出入り自由で、遅刻とか早退という概念はありませんが、
 久々VOICEだったので、本当は最初から入室していたかったのです。。)

時間的に、昼間だから、主婦の方がほとんどかな、あるいは学生?
ハローウィンVOICEだし、若い人が多かったら、おねぇさん、ハナシについて行けるかしら、、
なんてちょっと不安になりながら
一番奥の部屋へ。
レッスン中の教室の中をつっきって(スゴイ配置デス!)
「スミマセ~ン、、、」
と、VOICEルームのドアをあけると、
そこにいたのは、5人のおじいさん、でした。

本当の年齢はわからないので、おじいさん、って言ったら失礼なのかもしれないけど、
…でもやはりおじいさん。。

以前NOVAでは、シニア向けのお茶付きレッスン「セカンドキャンパス」というのをやっていたので、
一瞬、それかな?部屋間違えたかな?と思って、足が止まったのですが、
ティーチャーが「早く入って」って言ってる。。
言われるままに座りました。

この5人のおじいさんが、まぁよくしゃべる!(もちろん英語。)
そりゃぁ、話す速度はすごくゆっくりだし、発音もかなり日本語的。
だけど、次々、それぞれが、いろんな意見を言っているんです。
よく若者だけのレッスンで起こる、変なマ、もなく。


かなり衝撃的な光景でした。

当然わたしがいちばん話せない。
しっかりと英語でコミュニケーションを取り合うおじいさんたち。
…私がやっていることってなんだろう、って、本気で思いました。
“ガツン”ってやられました。
おじいさんたちの会話している姿を見ながら、
なんども“ガツン”ってやられました。


******************

ティーチャーと5人のおじいさんと私。
お題は「ハローウィン」。

おじいさんたちは、口々に、
「そんなのは昔はなかったなぁ。」
「聞いたこともなかった。ここ数年でしょう」
「しかも何するかなんて全くわからない!」
と。

ハローウィンVOICEでしたが、ハローウィンの話は最初の30分だけでした(^_^;)

あ、そうそう、
5人のうちの1人が「前にNOVAのアメリカ人ティーチャーにもらったハロウィン用カボチャの種」をまいて、
そのカボチャがちゃんと育って、
それを今年のハローウィンの飾り用にNOVAに持ってきた、んだそうです!


こちら↓が、カボチャを育てた方と、カボチャ。(うさぎペイントはティーチャー。)

10_051.jpg








ハロウィンネタではあまり盛り上がりませんでしたが、
第二次世界大戦の話題ではメチャメチャ盛り上がりました。
東京大空襲の日の記憶、
原爆の話、
戦闘機の違い、など。
…結局わたしは、逆のパターンで、ハナシについていけませんでした(・・;)


とても貴重な、1日だったと思います。



******************

それと。
私がこのスクールに入った時に教わり、その後引っ越すまでずっとお世話になった、
恩師であるティーチャーとの再会がありました。
レベル7の頃からの私を唯一知ってくれているティーチャーです。
(NOVAはレベルが7~1までに分かれています。)
NOVAが破たんして沢山のティーチャーが解雇される中で、どうなったのか心配していましたが、
いらっしゃいました。
感動でした。




10/28|novaコメント(19)トラックバック(0)TOP↑


この本を読みました(笑)


10日間で英語がスラスラ話せる本―単語は話すな、文法を考えるな、ネイティブの表現法をまねろ! (知的生きかた文庫)10日間で英語がスラスラ話せる本―単語は話すな、文法を考えるな、ネイティブの表現法をまねろ! (知的生きかた文庫)
(2002/07)
井上 昭正

商品詳細を見る



『10日間で英語がスラスラ話せる本』。。

・・・本気で「10日間で英語がスラスラ!?」と思って読んだわけではないんですが、
先々週の週末、実家で書棚の整理をしていたら出てきました、この本。

私の書棚だし、家族だれも英語の勉強しないし、
明らかに私が買ったものなのですが、
全く、買った記憶も読んだ記憶もない・・。

発行日は6年前。
・・・たしかに、「楽して英語話せるようにならないかなぁ、」と考えていそうな時期かも^^;
私が買ったんだろうな~。 
で、きっと買って満足でほとんど読まなかったんだろうなぁ~。。

せっかく出会ったので(ホントは“再会”なのですが^_^;)
毎日1日分ずつ、10日かけて読みました。


正直、読んだだけではスラスラ話せるようになることはないと思います。
思いますというか、ならないです。なりません。

だけど、『英語って面白い!』って感じると思います、
前半では、「意訳しないと訳せない!」っていう英語ならではの表現がたくさんでてきて、
ハートをつかまれました。
半ばでは、今自分が持っている(難しくない)英語を駆使してどう表現するか、
あるいは、どういうところに重点を置いて勉強すれば英語らしい英語力が向上できるか、
というアドバイス的なこと、
そして後半では、日本語にない表現の仕方や、
日本人に理解しづらい文法のポイントなどがかかれていました。

ボリュームがけっこうあって、6年前の私が読むのを挫折したとしても納得です(笑)

著者本人が海外生活で感じた文化・習慣・宗教の違いなども書かれていて、
文法上だけでなくそういうものの違いからも言葉や表現の違いが出てくるとありましたが、
なるほど、と思いました。

『“日本語と違うところ”から入るのが上達のコツ。』だそうです。
英語力のアップというよりは英語の表現力のアップがはかれる本かと思います。




10/21|bookコメント(1)トラックバック(0)TOP↑


fc2ブログに引っ越したのが8月25日。
アクセスカウンターを設置したのが9月21日。

10月20日、カウンター設置からちょうど30日目、
カウンターが5000を超えました。

沢山の方がお越しくださったんですね。ありがとうございます!


私のブログは、・・更新も少ないですが、
文章を書くということがもともと得意ではないので、
かなりおかしな文章を書いているかもしれません、(日本語なのに
英語学習においても、有用なこともあまり書けず、
最近は特に戦士としてもぬるくて、
皆様の参考にならないブログで申し訳なくなったりもします。。

こんな拙いブログなのに、
沢山の方に読んでいただき、愛あるコメントも沢山いただき、
本当に感謝しています。
ありがとうございます<(_ _)>


ブロガーの方々、いつもとても頑張っていて、Blog巡るたび感心/尊敬しまくりです。
それに比べて私って、、、、、。 
ゆ、ゆるい・・。

反省の日々ですが、
とはいえ、
今のゆるい感じ、自分としては、絶妙なラインです。

かなり楽しくないとやってられないし、
すごく頑張っちゃうと確実に続きません。。。

長年生きていて、ある程度自分の性格や行動パターンなども把握してきて、
根性もあまりなく、意志も弱く、コツコツの努力もできなかった自分が、
いかに、挫折せず、長く続けられるか、、
そのギリギリのところで何とか頑張ってます。

せめて、時々負荷を多めにかけてみて、
“絶妙なライン”をもうちょっと上げられないか、探ってみてます。
そうやってほんの少しでも、成長できたらいいな、って。

ちょっと上げては様子見て。 やっぱダメそうならまた下げて^^;
ギリギリのところで、楽しくがんばってます。


それでも時々、気持ちが途切れてしまいそうになったりしますが、
そんな時はBlogから力をもらって。背中をトンッって押してもらってます。

この5000という数字にも、力をもらいました。
大きな、大きな数字ですよね、5000って。


もう少し、頑張ってみます。
その繰り返しです。

ありがとうございます。






10/21|未分類コメント(4)トラックバック(0)TOP↑
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

まりこ。

Author:まりこ。
現在使用している教材
 ・でる1000問
 ・やどかり模試
 ・模試特急
 ・単語特急
 

skills/qualifications
 ・英検準1級
 ・TOEIC990点
 ・観光英検1級
 ・通訳案内士(英語)
 ・国連英検B級
 ・TOEIC SW S150W190

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。