6月のTOEIC、
難問ぞろいでスコアがかなり落ちるんじゃないかと思っていたら、
落ちるどころか、、、
満点でした


201706TOEIC SCORE



これも、神様がくれた990だと思ってます。

今回は私のためじゃなくて。

このスコアは、闘病中の友人に。
満点のエネルギーが届きますように。

絶対に約束を守ってくれると信じてます。



近いうちにまた自分のための990を取ろう♪

 

 


07/20|toeicコメント(0)トラックバック(0)TOP↑

最近Part7に苦しんでる人が多いのを感じるわけですが、

1ヶ月くらい前に、
「読解特急(改訂版)」と「究極のゼミ Part7」、
ほぼ同じ時期に発売されましたよね。

いま、Part7強化が『旬』な気がします(*‘ω‘ *)
こういう、同じパートの良質な本が複数出たときに、
勢いでやるの、オススメ♪

「究極のゼミ Part7」→「読解特急(改訂版)」
という順番でやると、
「究極のゼミ Part7」で身に付けたものを、ミニ模試と「読解特急」で試せていいんじゃないかな。



2年くらい前のことになりますが、
TEXさんの「でる1000」が発売されて、
その少し前に、神崎先生の「Part5特急400問ドリル」が出ていて、

Part5強化、いまだ!と思ったんですよね。

それまで、ずっと、Part5苦手で、
・・苦手と言っても、解くのは嫌いじゃないけど、正解しない(+_+) 

でも2年前にPart5強化しようと思って取り組んだら、
その後はTOEIC公開テストで、アビメのR5が100か悪くても97や98になりました。



どんなことでも、身に付けていくには繰り返しが大事かと思いますが、
模試だと、繰り返すにしてもそこから学ぶことが多すぎますよね。。

少なめの、あるいは同じ類のことを、繰り返して、苦手克服していくと、
成果も出やすくて、やる気も継続しますよ(*^^*)





07/02|toeicコメント(0)トラックバック(0)TOP↑
ひそかに立てていた目標、ブログにアップする前に、
目標達成できてしまいました!

その目標というのは、
"第2世代TOEICで990点を取る"、
つまりIPでの990点取得です♪

公開テストで初990点を取ったのは2016年6月回。
新形式になってからでした。

でも、ずっとお世話になってきた、第2世代のTOEIC。
その形式でテストが受けられるうちに、IPで990を取りたいな、と思っていました。

新年の目標。
でもリミットは3月末。
それまでに受けられそうなところ、いくつか申し込みましたが、
今年1つ目のテストで、やりました~☆


 ↓

 ↓

 ↓

ジャンっ

201701IP.jpg



第2世代TOEIC、ありがとう! 
とっても嬉しいです(*^▽^*)





02/11|toeicコメント(1)トラックバック(0)TOP↑
昨日は神崎先生のやどかり出版から第2弾として11月に発売されるTOEIC本のモニター模試会でした。

問題の持ち帰りだけじゃなくて、ホントに解説全ページも頂けて、音声も送ります、って、
すごいモニター模試会ですよね(^^)



ところで、やどかり出版の第1弾模試は、購入されましたか?

yadokari1


新形式対応の模試本は既に何冊も発売されていて、
それぞれに特徴があり、人によって好みもあり、
どの本を使うかというのは人それぞれだと思いますが、

やどかり出版の模試は、とてもバランスが良いので、
私はとっても「押し」ています。
押し理由は以下のとおり🎵


① 使いやすさ。
サイズや重さなど、私の中では一番といっていいほどの重要ポイントです。
公式問題集は絶対買いの本ですが、2セット入っていて持ち歩くには重いですよね。 
新書サイズの本は、持ち運びには非常によく、内容も優れているものが多いですが、模試だとパート7が数ページに分かれてしまったりというのは仕方ない、、というところがあります。
やどかり模試は、パート7のMPもちゃんと見開きに入っていて解きやすく、それでいて重くないため持ち出すのも苦ではありません

② 見やすさ (使いやすさとの違いが微妙なところではありますが・・・。)
模試本の中には、見開きに入れるためにとても文字が小さくなってしまったりするものもありますが、やどかり本はそういったこともなく、そこでストレスを感じることはありません。
さらに2色刷りというのもポイントが高いです。 どんな本でも頑張れちゃう人はいいのですが、なかなかやる気を出すのが難しい人にとって、1色刷りの細かい字、というのは、大きな壁なんですよね。。 
文字サイズのストレスがなく、さらに色が入っているということで、ちょっとやる気がビミョウな時でも本を開く気持ちになれたりするものです

③ 中身
私はまだまだ本の質がどうのこうの言えるレベルではありませんが、神崎先生がTOEICを熟知されている、というのは言うまでもありませんし、帯にある「本気でつくりました」の文字、これ、本当に本気だと感じます。
神崎先生と時々お話させていただいて、本の準備の話も伺うことがありますが、
かなり早い時期からプロジェクトが進行していて、ネイティブの先生と何度も何度も推敲を重ねているそうです。(正直、そこまで時間をかけている本は少ないのではないかと思います。) 昨日も、今度出る本の次の本、について、すでに問題作成やほかの先生方とのやり取りが進んでいるというお話をされていました。 
また、昨日の模試会のように、100人規模での解説・音声付きのモニタリングを行う、というところからも、学習者のためによりよい本を作ろうという先生のおキモチが伝わってきますよね

④ 値段
これが一番びっくり。バランス良いというより、エー!そんないいんですか???? というレベルです。
900円+税。 アリエナイお値打ち価格・・・ 学習者に優しい

⑤ 音声
最近はリスニングだけでなくリーディングも音声付きというのがだいぶ増えましたが、
そうは言っても上記のような価格設定で音声がLとR両方用意されているというのは非常にありがたいハナシです。
さらに新形式では、Lで3人の会話が出てくるので、もちろん音声を吹き込むのに3人必要、
・・・なだけでなく、Rの音声もつけることで、複数名のオンラインディスカッションがあるため、さらに多くのナレーターが必要となるわけですが、そこも対応しています。 5人のプロナレーターを起用、とあります。
あの値段で、2000円くらいする本と変わらない手間ひま・コストの掛け様です

⑥ abceed
採点・分析アプリ「abceed」対応で、無料で採点と分析をしてくれます。
アンドロイドでは使えないので、私はまだこの恩恵にあずかっていないのですが、来月には使えるようになるということなので、今から楽しみにしているところです☆
自動採点、傾向分析、問題を解くのに要した時間などが分かるので、どんな問題を間違えた、どのパートに時間がかかる、など、弱点把握にもよさそうです。 音源も追加されたそうなので、さらに便利ですよね^^


見た目が爽やかでシンプルで素敵だから、持つこと自体、気持ち上がったりします(*^^*)

本当にやどかり本はオススメですよ🎵


ちょっと難しい、、、というハナシも聞きますが、
難しい本=学びポイントがたくさんある、ということです!

解いたらほとんど間違えなかった本、その時は嬉しいかもしれないけど、
それ、あなたをどれだけ成長させてくれた本でしょう。

韓国本と違って和訳・解説が読めるので、大幅な勘違いをすることはありません、
せっかく使い勝手も良いので、いっぱい復習して、いっぱい調べて、使い倒しましょう(^o^)








10/02|toeicコメント(2)トラックバック(0)TOP↑

TOEICが新形式になって、5月・6月・7月、と3回の公開テストが開催されました。
新形式をどんどん体験したくて、当然のように毎回受けていましたが、

気づけば、IPで旧形式(第2世代TOEIC)を受験できる機会が、あと約半年。

あとわずかと言われると急に寂しくなる、、、恋しくなるのが人のサガ。

受けられるIPは出来るだけ受けよう! と、
まるで真TOEICerのようになっている今日この頃です(^^;


明治のIPは、12月と3月が公開テストの前日開催で、
パート2をマークする場所が違ったり、パート3のやり取りの回数の違いだったり、
少し混乱の要素もあるので、
もしIPがこれからもずっと第2世代TOEICだったとしたら、さすがに2日連続は回避しているかもしれませんが、
そうも言ってられません。

やっぱり、ずーっとお世話になってきた第2世代TOEICがこの世から姿を消すギリギリまで、
しっかり見届けたいなぁ、、って(^^)


明治IP、10/8の申し込みはあと数日です。 
残りわずかなIPテスト(第2世代TOEIC)、受験しませんか(*^^*)



09/10|toeicコメント(2)トラックバック(0)TOP↑
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

まりこ。

Author:まりこ。
現在使用している教材
 ・でる1000問
 ・やどかり模試
 ・模試特急
 ・単語特急
 

skills/qualifications
 ・英検準1級
 ・TOEIC990点
 ・観光英検1級
 ・通訳案内士(英語)
 ・国連英検B級
 ・TOEIC SW S150W190

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード