上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
昨日は神崎先生のやどかり出版から第2弾として11月に発売されるTOEIC本のモニター模試会でした。

問題の持ち帰りだけじゃなくて、ホントに解説全ページも頂けて、音声も送ります、って、
すごいモニター模試会ですよね(^^)



ところで、やどかり出版の第1弾模試は、購入されましたか?

yadokari1


新形式対応の模試本は既に何冊も発売されていて、
それぞれに特徴があり、人によって好みもあり、
どの本を使うかというのは人それぞれだと思いますが、

やどかり出版の模試は、とてもバランスが良いので、
私はとっても「押し」ています。
押し理由は以下のとおり🎵


① 使いやすさ。
サイズや重さなど、私の中では一番といっていいほどの重要ポイントです。
公式問題集は絶対買いの本ですが、2セット入っていて持ち歩くには重いですよね。 
新書サイズの本は、持ち運びには非常によく、内容も優れているものが多いですが、模試だとパート7が数ページに分かれてしまったりというのは仕方ない、、というところがあります。
やどかり模試は、パート7のMPもちゃんと見開きに入っていて解きやすく、それでいて重くないため持ち出すのも苦ではありません

② 見やすさ (使いやすさとの違いが微妙なところではありますが・・・。)
模試本の中には、見開きに入れるためにとても文字が小さくなってしまったりするものもありますが、やどかり本はそういったこともなく、そこでストレスを感じることはありません。
さらに2色刷りというのもポイントが高いです。 どんな本でも頑張れちゃう人はいいのですが、なかなかやる気を出すのが難しい人にとって、1色刷りの細かい字、というのは、大きな壁なんですよね。。 
文字サイズのストレスがなく、さらに色が入っているということで、ちょっとやる気がビミョウな時でも本を開く気持ちになれたりするものです

③ 中身
私はまだまだ本の質がどうのこうの言えるレベルではありませんが、神崎先生がTOEICを熟知されている、というのは言うまでもありませんし、帯にある「本気でつくりました」の文字、これ、本当に本気だと感じます。
神崎先生と時々お話させていただいて、本の準備の話も伺うことがありますが、
かなり早い時期からプロジェクトが進行していて、ネイティブの先生と何度も何度も推敲を重ねているそうです。(正直、そこまで時間をかけている本は少ないのではないかと思います。) 昨日も、今度出る本の次の本、について、すでに問題作成やほかの先生方とのやり取りが進んでいるというお話をされていました。 
また、昨日の模試会のように、100人規模での解説・音声付きのモニタリングを行う、というところからも、学習者のためによりよい本を作ろうという先生のおキモチが伝わってきますよね

④ 値段
これが一番びっくり。バランス良いというより、エー!そんないいんですか???? というレベルです。
900円+税。 アリエナイお値打ち価格・・・ 学習者に優しい

⑤ 音声
最近はリスニングだけでなくリーディングも音声付きというのがだいぶ増えましたが、
そうは言っても上記のような価格設定で音声がLとR両方用意されているというのは非常にありがたいハナシです。
さらに新形式では、Lで3人の会話が出てくるので、もちろん音声を吹き込むのに3人必要、
・・・なだけでなく、Rの音声もつけることで、複数名のオンラインディスカッションがあるため、さらに多くのナレーターが必要となるわけですが、そこも対応しています。 5人のプロナレーターを起用、とあります。
あの値段で、2000円くらいする本と変わらない手間ひま・コストの掛け様です

⑥ abceed
採点・分析アプリ「abceed」対応で、無料で採点と分析をしてくれます。
アンドロイドでは使えないので、私はまだこの恩恵にあずかっていないのですが、来月には使えるようになるということなので、今から楽しみにしているところです☆
自動採点、傾向分析、問題を解くのに要した時間などが分かるので、どんな問題を間違えた、どのパートに時間がかかる、など、弱点把握にもよさそうです。 音源も追加されたそうなので、さらに便利ですよね^^


見た目が爽やかでシンプルで素敵だから、持つこと自体、気持ち上がったりします(*^^*)

本当にやどかり本はオススメですよ🎵


ちょっと難しい、、、というハナシも聞きますが、
難しい本=学びポイントがたくさんある、ということです!

解いたらほとんど間違えなかった本、その時は嬉しいかもしれないけど、
それ、あなたをどれだけ成長させてくれた本でしょう。

韓国本と違って和訳・解説が読めるので、大幅な勘違いをすることはありません、
せっかく使い勝手も良いので、いっぱい復習して、いっぱい調べて、使い倒しましょう(^o^)








スポンサーサイト
10/02|toeicコメント(1)トラックバック(0)TOP↑

TOEICが新形式になって、5月・6月・7月、と3回の公開テストが開催されました。
新形式をどんどん体験したくて、当然のように毎回受けていましたが、

気づけば、IPで旧形式(第2世代TOEIC)を受験できる機会が、あと約半年。

あとわずかと言われると急に寂しくなる、、、恋しくなるのが人のサガ。

受けられるIPは出来るだけ受けよう! と、
まるで真TOEICerのようになっている今日この頃です(^^;


明治のIPは、12月と3月が公開テストの前日開催で、
パート2をマークする場所が違ったり、パート3のやり取りの回数の違いだったり、
少し混乱の要素もあるので、
もしIPがこれからもずっと第2世代TOEICだったとしたら、さすがに2日連続は回避しているかもしれませんが、
そうも言ってられません。

やっぱり、ずーっとお世話になってきた第2世代TOEICがこの世から姿を消すギリギリまで、
しっかり見届けたいなぁ、、って(^^)


明治IP、10/8の申し込みはあと数日です。 
残りわずかなIPテスト(第2世代TOEIC)、受験しませんか(*^^*)



09/10|toeicコメント(2)トラックバック(0)TOP↑

大変ご無沙汰しています!

最近はすっかり、SNSメインとなってしまいましたが、
TOEIC学習の原点であるBLOGで、ご報告させてください。



**********************************

2016年6月TOEICにて、 990点を取得しました!

 本日届いたアビメです↓
201606TOEIC




***********************************

2006年8月のBLOG開設以来、
たくさんの仲間に出会い、励まし合い、切磋琢磨しながら、
この約10年、
TOEICが人生に素敵な色付けをしてくれました。

それだけでも十分に感謝ですが、
さらにこうして、産物として990点を取得できた、・・・胸がいっぱいです。



飽きっぽい私が、これだけ続けてこれたのは、
1人じゃなかったから。仲間がいたから。
これに尽きます。

そして990を取ることができたのは、
実力や努力の度合いでなく、
「やめなかったから」
だと思っています。


本当に、本当に、
みなさんのおかげです。
ありがとうございます。



07/26|toeicコメント(14)トラックバック(0)TOP↑
2015 ふりかえり はコチラ

********************************

2015年、自分の成長という意味では、
LR/SWとも、記録更新したわけでもなく、
新たな英語資格に挑戦したわけでもなく、、という年ではありましたが、

それでも最後まで、ちゃんとやり続けたことを褒めてあげたい。

・・・時には全く勉強が手につかないことも、
実は1ヶ月で1分もTOEIC勉ができなかったことも、ありました。

英語学習者としてではなく、1人の人間として、優先すべきことを優先しながら、
やれることをやり続ける、
それで結果が出なくてもいいじゃない?

辞めずに続けてれば、また沢山集中して取り組める時も来るだろうし、運も味方してガッツリ成果が出るときも来るでしょう。


自分に甘いかもしれないけど、
1年、よく頑張ったと思います^^

来年も、自分の価値観を大事にしながら、
勉強だけでなく、人生を、頑張っていきたいと思います。


今年1年、関わってくださった全ての方に、感謝いたします。

********************************
 
12/31|未分類コメント(1)トラックバック(0)TOP↑

本当に、あっっっというまですね(^_^


2015年、

TOEIC LR公開テスト 7回受験しました。
1・3・5・7・9・11・12。
過去最多かな~。

仕事や体調などで受験が危うかった時もありました、
大分遠征もありました、
どの回も、受験できたことに感謝しています。

来年どのくらい受験できるか分からないけれど、
先日デビューしたリバティIPなども含め、
現行・新形式とも、楽しんでいきたいと思います(^-^



TOEIC SWテスト、2回受験しました。
4月と12月。

SWはLRより一足先に、新形式が導入されました。
12月は私にとって初めての新形式で、戸惑うことが多かったですが、
スコアは下がらなかったので、
「慣れ」抜きでもそのくらいはキープできるのかな^^

次回は4月を予定しています。
オフ会つきです、受験検討されてる方は是非ご一緒に(*^^*)



NOVA 53レッスン 
だいたい週1ペースでした。
実際はポイント期限(月末)に駆け込みということも多かったけど(^_^;

今年の前半に、講師からの「レベルアップ推薦状」が出ていましたが、
結局レベルアップテストは受けず、現レベルでレッスンを受けていました。
・・それでも難しく感じる、まだまだついていけてない感じがします(*_*)

もちろん来年もNOVA継続します、ペースも同じくらい。
あ、1月は福引があるので♪ 年初ちょっと多めに行くかもしれません(*^-^*)



毎年何かしら受けている、TOEIC以外の英語系試験は、
今年は特になかったですね。

去年受験した通訳案内士は、昨年末の時点では結果が出ていなくて、
2014ふりかえりでは合格のご報告ができなかったけど、
でも今年は発表があっただけだし(^^;
ただ、合格したことによって、合格者向けの研修に多く参加することができて、
今までとは違った英語との触れ方・日本文化の知識、といったものが得られた気がします。


貿易実務検定は、「貿易実務英語」という科目もあったから、
「英語系試験」ではないけど、ちょっとかすめてるかな?

この2年「受ける受ける」と言っているビジネス英検2級もまた受けずに終わってしまいました(*_*)
買ったきりの新品テキスト(しかも改訂前・・)、そろそろ使ってあげないと。
いろいろ落ち着くであろう夏か秋くらいに、受けることにします。




学習会・セミナー関連では

Part5の勉強会に多く参加しました。
今年1年は文法重視で取りくむ!と自分で決めていたこともありますが、
特に今年はPart5の本が多く出版され、それに絡めた形での勉強会(ラビブッチなど)もありましたし、
美的学習会のように、上級者セレクトの濃密な勉強会もあり、
なかなか自分で勉強できない私は、そういったものに非常にありがたく乗っからせていただきました(^_^;

中でもRabbitさんの主催される学習会・イベントには、積極的に参加しました。
Rabbitさんは、企画も、マネジメントも、解説も、
すべてが「相手のため」「周りの人のため」、
何が最善かということを常に考えて行動されていて、
そのための自己犠牲を厭わないので、
時に、「そこまでしなくてもいいのに、、」と思うこともありましたが、
やはり、そんなRabbitさんの、愛の溢れるイベント・学習会では、得るものが非常に多かったです。


今年3回行われたパワーアップセミナー及び年末のTommyオフでは、スタッフを仰せつかり、参加させていただいたことも、大きな刺激となりました。
昨年まで、Tommyさんのセミナーなどに参加したことがなかったので、
私にとってのTommyさんは、ずっと、『征服オフやバイエルクイズなどを一緒に楽しんだ、昔からの学習者仲間』でしたが、
セミナーやオフ会で前に立つ姿、Tommyさんの言葉にその場のエネルギーがどんどん高まっていく様子は、感動ものでした。
それと同時に、「同じだけの時を経て、自分は成長出来てるのかな?」なんてことも思いましたが、
でも、途中でやめていった人・いつのまにかいなくなった人が多い中で、まだこうして同じ空間に存在していることだけでも、自分スゴイじゃん?と、褒めてあげることにしました(笑)


それから今年で忘れていけないのは、OJiMさんの「サラリーマン特急」ですね!
OJiMさんも長く一緒に切磋琢磨してきた学習仲間の一人で、
いろいろ流派(?)のあるTOEICerの中では考え方が似ているので、
比較的近いところで頑張ってきた仲間として、
著者デビュー、そしてその年のうちに2冊目も出版されたのは、とても嬉しい出来事でした。
2015新たに取り組んだTOEIC本の中で、Part5以外というのは「サラリーマン特急」だけだったかも。


POD(パワー音読)や澤トレなど、トレーニング系も少しやりました。
・・・やり切れてない感じではありますが、
「少し」でもやると効果を実感するし、
問題を解くよりも私は音読とかこういうトレーニング系が好きなところもあるので、
今後も取り組んでいくと思います^^


TOEIC系以外では、
前述の、「通訳案内士」がらみの研修・セミナー、
空港アテンド、箱根・富士、奉納相撲、築地、寿司づくり、盆栽、忍者・侍、などに参加しました。
日本人でいながら、知らなかった、日本の魅力に気付かされることが多かったし、
通訳案内士の受験勉強(2次対策)など机上で学んだこととは全然違う、「行って」「見て」分かることがたくさんありました。
実際に通訳ガイドをされている方の話をうかがう座学の機会も何度かあり、
自分が今まで全く気付いてなかった、というか、考えもしなかったような、ものの視点・考え方も学びました。 


それから、英語落語の『どまんなか寄席』。
英語落語家、喜餅さんの『どまんなか寄席』は、今年ほぼ毎月、トータル12回開催されましたが、
その中で東京開催の5回(3・5・7・9・11月)は、スタッフとしてお手伝いさせていただきました。
必然的に「英語落語の寄席に5回行った」ことになるので、それだけでも今年1年の中で大きな存在ですが、
特に喜餅さんの英語落語は、とにかく飽きない、また見たくなる「中毒性」、
アンコール公演以外すべて違う演目という引き出しの多さ、
分かる人にしか分からないようなコネタをさりげなくいろいろ盛り込んでいる面白さ、、
本当に、東京公演ぜんぶ参加できて、い~っぱい楽しませていただいたし、
お手伝いもさせていただけたことを光栄に思います。
いままでTOEICerとしてお付き合いのあった方々と寄席の会場でお会いすることも多かったですね、、
OJiMさんの提唱されている「キモチを込めた音読」に通ずるところもあると思いますし、
喜餅さんはTOEIC受験もされる方でTOEICのコネタを仕込まれることも時々あるので、
ぜひ、ご覧になったことのないTOEICerの方々にも、来年以降、たくさん見ていただきたい寄席です(*^-^*)




総括につづく
12/31|未分類コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

まりこ。

Author:まりこ。
現在使用している教材
 ・でる1000問
 ・やどかり模試
 ・模試特急
 ・単語特急
 

skills/qualifications
 ・英検準1級
 ・TOEIC990点
 ・観光英検1級
 ・通訳案内士(英語)
 ・国連英検B級
 ・TOEIC SW S150W190

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。